読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CBRと趣味の言い訳部屋

なにかと言い訳と口実を見つけながら趣味と日常を綴るブログです(^^)

まったり?! キンメ寿司ツーリング! 前半戦!

12月ですね~ 寒いのは苦手です(^^;

 

さてさて、ここのところ思ってたコト、

 

「久しぶりに金目鯛の 寿司を食べに行きたい!!」

 

ちょこちょこ行っていて、何回かこのブログでも書いたことのある伊豆・稲取のお寿司屋さんのキンメ寿司!

 

namamono04.hatenablog.com

namamono04.hatenablog.com

 

 

 

通算で数えると、訪れるのは7・8回目でしょうかね(^^;

 

初めて行ったろき以来お気に入りで、すっかり顔も覚えられたようですwww

 

 

とはいえ千葉からはちっと遠い伊豆・稲取、そうそう頻繁には行けない場所。 今年も終わろうという12月、寒くなって本格的に出かけたくなる前に、行ってきました!(^^)

 

 

そういえば今回、今まで「見る or 電車の遅延情報のリアルタイムを調べる」ぐらいにしか使ってこなかったツイッターを、ほぼほぼ初めて使いながらツーリングしてみました!

見てくださった・リアクションしてくださった皆々様、ありがとうでした!

 

 

そんな今回の行程はこんなカンジ!(コレ+生き返りの高速)

 

 

【 前夜 】

「ひさびさにキンメ寿司食べに行きたいな~・・・」

 

ずっとそう思っていたものの、なかなかその機会もない。

 

今回のツーリングの前日も、その時点では行けるか未定。

っというのも、前夜の晩の22時の時点でまだ会社にいる状態。ツーリングの準備もnot at All...

 

でも天気はすこぶるいい予報。

 

 

「目覚ましはかけて、朝、起きれて心が折れてなかったら、そしたらツーリングに行こう・・・」

 

そんなテンションで準備だけはしておいて、就寝2時。 はたして?

 

 

【 当日 】

朝、6時、ツーリングの日の朝としては遅めの起床(^^;

 

大丈夫! どうやら睡魔に心を折られることなく起きれた!!!

 

「よっしゃ!! いくべ!!」

 

 

そんなこの日のツーリングのコンセプトは?

  • なにをおいてもキンメ寿司を食らう!!
  • 弓ヶ浜の青木サザエ店にも久々行ってみよう!!
  • サスのセッティングをちょっと変えてみよう!
  • 停まるトコで停まって、景色を楽しむまったり系ツーリング
  • ちょっとはマジメに写真を撮る時間を作る!(マジメに撮るとは言っていない)
  • やっぱり温泉はマストで!

 

そんなことを考えながら行く行きの高速。

 

(って今、書いてて思ったけど、なんだかんだ盛りだくさんで、ぜんぜんまったりじゃなくないかい?)

 

 

はたして実際、最後は帰宅0時30分・・・ ぜんぜんまったりじゃなくなったんですがねwww

 

 

まぁまぁ、まったりじゃなくなっていく経緯でもブログにしていきましょうw

 

ひとまずいつもの海老名SA!

f:id:namamono04:20161205221326j:plain

予報通りの晴天で、12月とは思えない陽気!

けっこうバイクも出てきているようです!(^^) 

 

 

 

例によって、SAで差しあたっての行程を詰める。

 

 

最初の主要目的地は稲取、そこに至るまでをどう行くか?

 

 

「やっぱここはターンパイク、行くっきゃない!」

 

そうです! ターンパ イクッ!

あのぼっちバイカーさんツーリングで皆さんが走られてたMAZDA ターンパイク!

 

「いいなー」って指をくわえて皆さんのブログを見てました(><)

そういえばバイクではターンパイクを走ったことなかったし、これは行くっきゃない!!

 

 

【 ターンパイク 】

 

ってことで小田厚を走り、

f:id:namamono04:20161205222317j:plain

 入口料金所に到着!!

天気も申し分なしね!! ( ・∀・)ノイイ

 

ちょっとウエットパッチな場所もあったけど、走ってて気持ちいい道。

 

気持ちよくて走り抜けたくなる気持ちと戦いつつ、ツーリングコンセプトに従い、時折停まって写真も撮るよ!(´▽`)

f:id:namamono04:20161205222504j:plain

日差しの角度はやっぱりすっかりの冬ですね~

 

f:id:namamono04:20161205223000j:plain

 

午前の光に東伊豆の海がキラキラしております。

f:id:namamono04:20161205223034j:plain

来シーズンはもっとダイビングにも出かけたいな~~っと、ふと思います。

 

紅葉はもう終わった季節でしたが、すこぶる快調な天気とツーリング

f:id:namamono04:20161205223147j:plain

ま~がりくねった道の先に~♪

 

待っていてくれてたのは・・・

 

富士山霞に覆われた湖面の芦ノ湖でした!!

f:id:namamono04:20161205223517j:plain

芦ノ湖のある谷を、霧が覆ってる。けっこう珍しい?!

結構な人が写真を撮ってました!(^^)

 

でもしばらくすると、気温が上がってきたのか、文字通り、霧は霧散。

ラッキーなタイミングで来れたかも(^^)v

 

 

 

【 伊豆スカイライン

ターンパイクを抜けたら、稲取へ向かう道に定番・伊豆スカをチョイス!

f:id:namamono04:20161205224231j:plain

 

 

尾根の展望台からは西伊豆も駿河湾も、うっすら富士山も見える!!

f:id:namamono04:20161205224634j:plain

この時点ではここに見える西伊豆海岸沿いを、この日の晩、日が暮れてからに走ることになるとは思っていませんでしたwww

 

 

そんな伊豆スカでは、サスペンションの減衰をちょいちょいいじりながら走ってみて、どうなるかを体験!

 

鈍感な自分にはなかなか変更による違いを感じるのが難しかったんですが、リアサスの減衰を弱めたら、

 

「おっ?! ちょっといい感じ?!」

 

 

もともと標準よりもやソフトに振ってたんですが、さらにもうひと押しソフトよりへ。

今まで、どうも接地感に不安があるというか、つま先立ちのような不安定感というか、まぁそんな感覚をもってたんですが、それが和らいだかも!

 

ツーリングコンセプトに従ってのサスセッティング変更! これはやってみてよかったかも?! また今度もやってみようかしらん(^^)

 

そんなことをいろいろやりながら、伊豆スカを完走。

 

 

 

【 いざ! 稲取・キンメ寿司へ! 】

伊豆スカを下りたら、東伊豆の海岸沿いを。

f:id:namamono04:20161205230116j:plain

いやもう、ほんといい天気! 遠くの島もよく見える。 むしろ着こみすぎて暑い(^^;

 

来年はもっとダイビングにでかけたi(ry

 

そんな感じで海を左手に見ながら、稲取漁港へ!

f:id:namamono04:20161205230645j:plain

 

目指すお寿司屋さんは漁港の目の前!!  

f:id:namamono04:20161205231111j:plain

お世話になりまーーーす!

 

「あっ!いらっしゃい」 すっかり顔も覚えてくださったようです(^^;

 

この日は、お昼の一番混む時間帯に到着でした。店内はなかなか繁盛で、入る時にもちょうど出てきたところの女の子4人ぐみさんが店前で記念撮影中でした(^^)

 

とは言え、カウンターですんなり着席!&注文!

f:id:namamono04:20161205231802j:plain

 

稲取のキンメ鯛っといえば、近海モノで新鮮なブランドだそうで!

そのキンメを肉厚に贅沢に使った金目鯛のお寿司!

甘みを感じるおいしい脂が、しーっかりのっていて、醬油につけるとスッと脂が広がります。

当然、口に入れた時にはそのうま味がサッと広がりまして、軽いあぶりの風味と相まって安定のう美味!

 

たまらんです!!ヾ(´∀`*)ノ 

 

 

ここは一定の額以上の注文の場合にはキンメのあら汁が付いてくるんですが、これがまた 、うまくてたまらんのです!

 

そんでもって、この日はサービスでカキが1つ付いてくる日でした!

f:id:namamono04:20161205233149j:plain

これまた、うまかったーーーーー!!

 

キンメの寿司以外にも他の魚も入った寿司とかキンメの煮付けとかもあります。 

(あんまりメニュー見ずにいつもキンメ寿司で、詳しくは知らんケドwww)

 

 

 

なにを差し置いてもの、

第一!最重要目的!

達成!!!

 

 

【 伊豆 白浜観光 】

 

コンセプトは「まったりツーリング」

忘れちゃいけない方向性!

「景色も楽しむまったりツーリング」

 

ってことで、今までさんざ横を通る機会がありながら、一度たりと歩いたことがなかった伊豆・白浜海岸。

初めて歩いてみました!

(白浜と聞くと、和歌山の南紀白浜が第一変換候補思い出さずにはいられない関西出身者・・・w)

 

 

青いゼ!!!!

f:id:namamono04:20161205234028j:plain

戻って来た!

黄泉の国から戦士たち夏が帰って来た! ( by 乙事主様)

 

冬とは思えない青さっすよ! 

f:id:namamono04:20161206000239j:plain

サーファーもいっぱい!

これはもう夏だね(確信)

 

 

 

 

 

冬、

暖かな日の海もそれはそれでいい景色。

f:id:namamono04:20161206000346j:plain

  

 なんか、いいカンジ

 

 

 

ま、この写真の時刻から、

さらに10時間、ツーリングが続く、そんなつもりじゃなかったんですがwww

 

どこからか、「まったりツーリング」コンセプトがズレていくのでした・・・

 

 

長くなってきたので、前半戦、終了!!!

 

 

クラッチレバーが遠い・・・ レバー交換!

 

11月29日っと言えば

「いい肉 (1129)」の日でしたね~

 

徒歩通勤な今日この頃。

少し前に通勤路に焼肉屋さんが出来てたんで晩御飯で行ってきました。

f:id:namamono04:20161129230529j:plain

 

店員「いらっしゃいませ~

   何名様ですか?

   

   あっ・・・ 1名様ですね!!」

 

・・・

・・・・・・

まぁ、いいっちゃいいんですけど・・・

その・・・「あっ」(察し)ってのは、出来ればおやめ頂きたいwww

 

思いっきり声が漏れてましたよw

 

 

 

さてそんな今日この頃ですがね、

 

本題は、クラッチレバー・ブレーキレバーを交換しましたよ!!記です!

 

 

 

 

PC40:ロクダボを買ってから、ツーリングのたびに

 

クラッチレバーが遠い!!!(憤怒)」

 

ってことが気になってまして・・・

 

指が伸びた状態で半クラをやらないといけない状態だったんで、ツーリング終わりには指の筋が痛くなってしまう、そんな事を繰り返してました。

 

ブレーキレバーには純正で位置調整の機能があるんですが、クラッチ側にはない・・・

遊びを大きくすればグリップに近づいてくれるけど、そんなガバガバ設定で乗りたくない!

 

ってコトでポチッな!

f:id:namamono04:20161129232346j:plain

 

6段階に調整できるようっす!

f:id:namamono04:20161129232415j:plain

可倒式とかでギミックを増やすとガタとかが大きくなるかも?ってことで、目的の位置調整機能だけが付いたものをチョイス!

 

 

手元に来るまで長さは不明でしたが、純正と比べて長さもほとんど変化なし。

このあたりは自分的にはポイント高い!

f:id:namamono04:20161129232754j:plain

 

取り付けは簡単。

クラッチ側でワイヤー緩めて外す必要があるぐらい。

マイナスドライバーと10mm(やったかな?)で出来るんで省略(手抜きw)

 

黒い車体なので、黒いレバーにワンポイントの赤にしました!(^^)

f:id:namamono04:20161129233116j:plain

 

f:id:namamono04:20161129233353j:plain

 

インプレ!!!

 

ってほどのカスタムではないですがw

 

当たり前ながら、調整できるようになったんでラクに!

調整の機構は、知らないうちに位置が変わってるっていうようなことはなさそうなぐらいにはしっかりしてるかな。

 

少し気になる?って点は、個体差なのかブレーキ側に比べてクラッチ側のレバーで上下方向のガタがほんの少し大きいって点。

 

それと、うちの(13年式)ロクダボだと、

f:id:namamono04:20161129234135j:plain

ハンドルロックしたときにレバーが当たってしまう・・・

まぁ、レバーが押されててもブレーキがかかるってことにはなってないし、少々当たっても中古やし、そこは気にしないことにしたから許容しますwww

 

 

 

【予備レバーは車載できるか?】

ツーリングに出たら・・・

必ず家に帰りつかなくてはなりませぬ!

 

たとえ、転倒でレバーが折れたとしても!!

 

(こいつ、ニダボのレバー交換の時にも言ってたなw)

 

そんな時、予備レバーが手元にあったら、コレ安心!!

 

 

んじゃ? ロクダボのリアシート下の積載性は?

 

要するに求められるのは、

 

「ロクダボのシート下に予備レバーは入るのか???」

 

ってことですよ。

 

 

ってことでETCをあーだーこーだ、車載工具をあれやこれや、パズルをした結果・・・

 

 

入りました!

f:id:namamono04:20161129234518j:plain

 

予備にした純正のブレーキ・クラッチレバーをリアカウルの横のスペースに押し込めて、

 

マジックテープで固定されているETC車載器を横置き→縦置き、

 

車載工具を柔軟性の無い純正の袋から、軍手に変更!!www

味気ない!www かっこイクナイ!

 

 

いいのいいの・・・!

 

車載工具を使うような場面になったら、軍手があった方が役立つんやからっ!

道具袋まで道具になるっていう、アイデアが光る仕様なんだから(震え声)

(いいわけ)

 

いったん入ってしまえば、空いたスペースを活かして、「ビニテ」「汚れ落としの歯ブラシ」「タイラップ」に「ブレーキ固定用のゴムバンド(タイヤのチューブの輪切り)」「ゴム手袋」っと案外いろいろ入る!!(^^)

 

全然大きくないシート下のスペースも、意外にも頑張ればそこそこ入るもんでした!

 

 

【 結論 】

ロクダボのリアシート下でも予備レバー2本は入る!!

 

 

 

ってことで、出先でレバーが折れても安心ですな!!

 

 

 

 

その前に、こけないことですな!!

 

 

 

塩原日光紅葉ツーリング 川治温泉に栗山温泉・日光湯元温泉!

 

世間が平日の11月4日は金曜日、勤務先はお休みの日・・・

 

その前日の木曜日、うちは出勤日・・・

 

家に帰って「今週も終わった~~~」

 

・・・・

 

・・・・・・・

 

「さて・・・金曜土曜日曜、どうしよう・・・」

 

 

土曜は用事があるので、金曜出るなら日帰り。

せっかくの休み!

出かけなきゃ(使命感)

 

 

 

で、行先はどうするよ?

気になっていたのは、日光・塩原あたり!

 

 

よく読ませていただいてる、id:sujiniku5150 さんの記事で、挙げられていた奥日光。

読んでからやっぱり気になってた場所、ここかな~(^^)

heavymetal-and-bike.hatenablog.com

 

紅葉の季節やし、「日塩もみじライン」も「霧降高原道路」も気になってたし、そのあたりを組み合わせて日光に行こう!!

 

ってことで 11月4日、紅葉ツーリングに行ってきました!

 

走った道はこんなカンジ!

 ワインディングあり酷道アリ、温泉も3つ! そんなツーリングでした!(^^)

「西那須野塩原インター」まで高速。

そこから

「R400」→「日塩もみじライン」→

川治温泉で薬師の湯で入浴」→ 「k249で酷道走破」→

「栗山温泉 四季の湯」「霧降高原道路」→

「R120でいろは坂・戦場ヶ原」→「奥日光湯元温泉 温泉寺で入浴」→

「金精峠」→そのままR120で沼田を通って、

沼田インターから高速で帰路

 

そんなルートですた!

 

 

ってことで、朝5時、まだ日の上るまえに出発。

すっかり日が短い季節になったなぁ・・・ 

f:id:namamono04:20161109004114j:plain

 

 

日が昇ってSAで休憩と朝食.

 

SAまで来てようやくイマサラで今日の前半の工程の詳細決定! 最近こんなカンジばっかり・・・ ツーリングは計画的に!! 

f:id:namamono04:20161109004142j:plain

寒い季節ですが、いい天気。バイクもそこそこ出てました(^^)

 

最初の目的地は 「西那須野塩原インター」→「R400」での、

湯の香ライン

f:id:namamono04:20161109004205j:plain

ちょろっとよわーーい霧雨が時折降りてきていましたが緑の中を抜けて気持ちがいい!

 

でも寒い!!!www (>_<)

 

あまりに寒く、塩原温泉郷のあたりの途中の駐車場で休憩! 

f:id:namamono04:20161109004223j:plain

出てきてよかったと思える青空と、少し色づいた山。

ここから先の道での紅葉にも期待が高まる!(^^)

 

だがだが、寒い! とにかく寒い!!!

天気が良くても寒い!!

 

そんなとき、ちょうど折よくそこには足湯が!!!

f:id:namamono04:20161109004241j:plain

真ん中の紅葉のオブジェからお湯が注がれてる(^^)

ブーツ脱ぐの面倒なんで、「手湯」で手だけ温めて英気を養い出発!!

 

さらに走って~~~~ 

f:id:namamono04:20161109004303j:plain

 

 

 

 

 【 日塩もみじライン 】

まえまえから来てみたかった「日塩もみじライン」

冬も始まろうかという季節になって、ようやく来れました!(^^)

f:id:namamono04:20161109004328j:plain

 

標高を上げていくと、いよいよ 紅葉ゾーン! 

f:id:namamono04:20161109004344j:plain

 

せっかくの紅葉シーズン!! このために来たと言ってもイイ、今回のツーリングの主役ですから! 

f:id:namamono04:20161109004358j:plain

 峠あたりの茶屋のある駐車場でしばし、紅葉を眺め眺めます。

 

 

しかしな~~寒い! 何度も言うけど寒い!(._,)

あとの料金所で聞いたら、前の日に雪が降ったんだと~~

そりゃ~寒いワケやわwww

 

そして、その雪に、のちのち泣きを見ることになるとは、この時は知る由もなし・・・

 

 

さーーーさぁー寒さに萎えそうになりながら、気を取り直して~

ツーリング再開!

 

緑を透けてくる木漏れ日もいいけど、

 

この季節ならでは、

 

めいイッパイに鮮やかでも、どこか愁いを感じる紅葉の木漏れ日もいいものです。

f:id:namamono04:20161109004433j:plain

 

「寂しさは~秋の色~ 胸がきしむよ~」WANDS

 

もうすぐ冬ですね~

f:id:namamono04:20161109004450j:plain

 

 

 

 

 【 川治温泉

 

ほんとは温泉は、もう少し走ってからのつもりだったんですが、あまりの寒さにノックアウト!!!

 

川治温泉の看板が「ようこそ」なんて言ってくれちゃうもんだから、朝11時、さっそく今日の1湯目です!

 

f:id:namamono04:20161109004505j:plain

川治温泉は、ポンプ式の汲み上げでなく自噴で湧く温泉地。

その湯量も豊富で、毎分3400L。

 

行ったのは共同浴場川治温泉 薬師の湯」

 

今日のツーリングを元気に楽しむためにも、日塩もみじラインで冷えた体を温めにいきますよん!

f:id:namamono04:20161109004527j:plain

ここは上の写真の建物が内湯。

そして写真をとっている場所の背中側に露天風呂があります!

 

お湯は、ぬるめの無色透明無臭。

ぬる湯なので熱くなりすぎず、長湯ができる。

ゆったり浸かれてリラックス、冷えた体を温めるにはいい湯加減です(^^)

 

さて露天風呂は、建物をいったん出て階段を下りて川沿いへ!

 

こんなカンジの男女混浴露天風呂です。 

f:id:namamono04:20161109004602j:plain

 

露天風呂あたりからの眺めはこんな雰囲気。

川の流れを見ながらの温泉になります。

f:id:namamono04:20161109004642j:plain

露天風呂は大小の2つの浴槽があって、一つはかなりぬるめ。

もう一つの浴槽は内湯と同じぐらい。

源泉温度が36度ぐらいと低めの川治温泉。 温められた湯が張られています。

こっちも長湯できる温度と景色でした。

 

ただ、露天風呂、混浴でタオル巻き禁止なので、女性にはハードルが高いかもですね(^^;

 

 川治温泉 共同浴場 薬師の湯

  • 泉質    弱アルカリ性低張性温泉
  • 源泉温度  36.3℃
  • pH     8.0
  • 主な陽イオン ナトリウムイオン
  • 主な陰イオン 炭酸水素イオン・塩素イオン・硫酸イオン
  • 電解質総計   242 mg/g
  • 電解質総計 46 mg/kg(メタケイ酸など)
  • ガス成分   1 mg/kg(遊離二酸化炭素
  • 成分総計   0.289 g/kg 
  • ドライヤー    あり
  • 石鹸/シャンプー あり/あり
  • 立ち寄り湯時間 10時~20時
  • 露天風呂    あり

 

 【 K249で酷道タイム! からの 栗山温泉 四季の湯 】

 

温泉に浸かりヒットポイントを回復したら、ツーリング再開!!!

見事に色づく山間部を抜けて、

f:id:namamono04:20161111002237j:plain

 

 

今回も組み込みましたるは酷道険道タイム!」  

f:id:namamono04:20161111002604j:plain

 

うーん、まぁ、1.5車線路、好き好んでよく入るけど、ここはそんなに楽しくない道だった・・・

荒れてるしね~

"アタリ酷道”ではなかったかw

 

 

ただ、紅葉はやっぱりキレイで!!

f:id:namamono04:20161111002911j:plain

酷道がゆえにほかの車もほとんどない。

エンジンを止めると、静かな時間の中、景色を独り占めできるのがいいところ!

 

f:id:namamono04:20161111003124j:plain

ってことでロクダボさんも一枚!

 

 

 

 

酷道を終えたらそろそろ、メシも食べなきゃっという時間。

人間にも食べ物でエネルギー入れないと寒くなりますからね~(^^;

 

ってことで、大きな通りに出たところにあった蕎麦屋で昼食。

出てくるのを待ってるときに見ていると、どうやらここにも温泉が・・・

 

アルカリ性泉質っとな? ちょうど纏まった距離を走った後やし、ひとっ風呂しますか!

そういうことで、食べ終わったらそそくさ温泉! お風呂のお会計は食事処と同じでした。 

f:id:namamono04:20161111003227j:plain

 ここは露天風呂のみの立ち寄り湯。

石造りの2つの浴槽があって温度が変えてあります(^^) 一つは結構ぬる湯、もう一つは暖かめ。

 

寒い日だったので、両方の湯舟で景色を見ながらしばし休憩。うしろの山の紅葉がきれいでした。

紅葉を見ながらの温泉もオツなもんです。

 

無色透明で、成分表には載らない量なのでしょうが、わずかに硫黄臭がする温泉でした。

 

 栗山温泉 四季の湯

  • 泉質    アルカリ性低張性高温泉
  • 源泉温度  48.9℃
  • pH     9.8
  • 主な陽イオン ナトリウムイオン
  • 主な陰イオン メタケイ酸水素イオン・炭酸イオン
  • 電解質総計   168 mg/g
  • 電解質総計 0 mg/kg(メタケイ酸など)
  • ガス成分   0 mg/kg(遊離二酸化炭素
  • 成分総計   0.168 g/kg 
  • ドライヤー    貸出あり
  • 石鹸/シャンプー あり/なし
  • 立ち寄り湯時間 8時~20時
  • 露天風呂    露天風呂のみ

 

 

【 霧降高原道路・戦場ヶ原 】

またまた温泉で英気を養ったら、再出発!!

これまた、一度は来てみたかった「霧降高原道路」

 

っが!! ここまであまりに温泉でゆっくりしすぎて時間が差し迫る!!

 

おかげで写真がほとんどないwww

 

一気に上まで、牧場で初めて写真を!

f:id:namamono04:20161111011646j:plain

そこまでの道は対向2車線のワインディングロード!

 

酷道の後やから走りやすいのなんの!www

 

うん・・・この季節はやっぱり普通の道の方が楽しいかな?

 

牧場といえば「ソフト」!!!

f:id:namamono04:20161111011922j:plain

そんな「食べなきゃ」(使命感)で食べたけど、

体冷えた!www

(温泉フラグ)

 

味は文句なくおいしかったですよ!

ただ、車で来ている人と同じノリで食べてはいけない(戒め)

 

ここいらは、もうすっかり落葉ですね~ 

f:id:namamono04:20161111012223j:plain

 

 

霧降高原を下ったら、その先は、そうれはもう強烈に渋滞してる東照宮いろは坂

 

そりゃ紅葉のベストシーズンっすからね~

その辺は来たこともあるし、さっさと通り過ぎ、明知平も中禅寺湖華厳の滝も素ムシ!!

 

時間も迫るし、混んでるし、来たことあるんでね~

 

 

 

ただ、そんな中でも、やっぱり目を奪われた景色は

戦場ヶ原!! 

f:id:namamono04:20161111012318j:plain

紅葉ツーリングと題打って、ここまで来たけど、枯れた景色。日が傾いた時間帯の光。

この景色、写真が今回のツーリングのお気に入り写真になりました!

(温泉要素が高く、写真は枯れた景色、いよいよ紅葉ツーじゃない!w)

 

f:id:namamono04:20161111012335j:plain

 

 

 【 日光湯元温泉 温泉寺 】

ここまで来たら、このツーリングの締めの温泉!

 

奥日光の硫黄臭漂う温泉地、日光湯元温泉

そのなかの温泉寺へ!

f:id:namamono04:20161111012350j:plain

ここ、境内の中に温泉を引いた珍しい温泉で、お寺の敷地で温泉に入れます!

 

灯篭の並ぶ砂利道を進み温泉寺へ。

 

ピンポンを押して受付をお願いし、いざ温泉へ!! 

f:id:namamono04:20161111012402j:plain

 

脱衣所でバイクウェアを脱いで入浴!

 

 浴室は小さく、4人が入ったらいっぱいの浴槽。露天風呂はない温泉ですが、ぐっと感じられる硫化水素臭。

木の作りの浴槽のふちには、たっぷりと温泉から析出した黄色い硫黄が付いてます。

お湯は、白色濁り湯で硫化水素・硫黄臭。ザ・温泉っといった満足感にも包まれます。

 

手先足先もジンジンきて、あったまること!

 

 

温度が高い源泉が、かけ流しで注がれてますが、おかげで結構お湯は熱め。冷ますための水の蛇口も用意されてました。

 

 

ここでは、一緒に居合わせた1人と、そしてさらに後から来られたもう1名と話に花が咲きました(^^)

こういうのが、旅のいいところ!

 

実は翌日、千葉の同じイベントを見に行く予定であることが判明したり、海外登山の話を聞いたりと、いろんな話ですっかり盛り上がりました。

 

両名とも近くに住まれているらしく、この温泉が気に入ってて時折入りに来るっとのこと。

地元の人にも愛されている温泉のようです。

そういう温泉ってイイですよねー

 

 

 日光湯元温泉 温泉寺

  • 泉質    含硫黄-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩温泉(硫化水素型)
  • 源泉温度  71.4℃
  • pH     6.5
  • 主な陽イオン ナトリウムイオン・カルシウムイオン
  • 主な陰イオン 硫酸イオン・炭酸水素イオン
  • 電解質総計   948 mg/g
  • 電解質総計 112 mg/kg(メタケイ酸・メタホウ酸など)
  • ガス成分   180 mg/kg(遊離二酸化炭素・遊離硫化水素
  • 成分総計   1.24 g/kg 
  • ドライヤー    なし
  • 石鹸/シャンプー あり/なし
  • 立ち寄り湯時間 9時~16時
  • 露天風呂    なし

 

 

最後は、金精峠越えで群馬・沼田経由で帰路!!

 

 

・・・・

 

 

。。。。。。。。

 

 

うぇーーーーーーー  

f:id:namamono04:20161111012417j:plain

雪でしたwww

 

 

前日の雪にヤラレルノ図www

気温は氷点下だったんじゃないかというコンディション。

(沼田に降りてきてようやく4℃の表示でしたから)

 

日が暮れたなか、凍結してないかと路面の色に気を払いながら、

塩カルのまかれた道をゆく。

 

 

 

途中、わざわざ気を使ってくれた前走車の4輪が道を譲ってくれるが、

 

しかし・・・

 

「俺はあなたの照らすヘッドライトと道を頼りに走っていたかったゾ!!」

 

 

 

そんな最後の最後に泣きを見たツーリング。

帰り道は遠く、途中の三芳で1.5時間の仮眠。

5時出の24時帰宅(>_<)

 

走行630kmぐらい?うち高速が420kmぐらい・・・

千葉からだとツーリングの効率が悪いったらないw

 

 

 

しかしまぁ、最後はどんな酷道よりも緊張した・・・

 

塩カルもあるし、翌日、洗車に追われたのは言うまでもなし!で。

 

時には、「勇気ある撤退」も大事なことだと、少し学習した気がするツーリングと相成りましたwww