読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CBRと趣味の言い訳部屋

なにかと言い訳と口実を見つけながら趣味と日常を綴るブログです(^^)

夏休み旅行③(ラスト) 祖母谷温泉と野天湯!!  富山・黒部峡谷

その他 温泉

 さてさて遅筆につき、なかなか書き進まなかったお盆は夏休み旅行の日記。

ようやく最後の温泉記事に到達です(^^)

 

最後を飾る温泉は、富山は黒部峡谷の深部、祖母谷温泉 (ばばだに温泉)です!

 

この祖母谷温泉、アクセスは富山・宇奈月温泉から黒部峡谷鉄道にて終点の欅平まで行き、そこから遊歩道を歩いて45分ほど。( ・∀・)ノ

 

僕もお気に入りで録画視聴している「野天湯へGo」という温泉番組でも訪れていた秘境の温泉です。

 

 

前回の記事(↓)で訪れた名剣温泉からさらに上流に遡った先 の祖母谷温泉(^^)/ 

namamono04.hatenablog.com

 

 場所はこんなところ ↓↓↓

 

 

 

 では、祖母谷温泉Let's Go!!!! 名剣温泉から歩いていきます!

 

途中いくつかトンネルが有ったり、谷にかかるスノーブリッジ(写真)が有ったりと見所のある渓谷を歩いていきます (^^) 

f:id:namamono04:20150824233104j:plain

夏でもこれだけの雪が残ってる!(;゚Д゚) 

 

そんなことからも分かる通り、このあたりは当然のごとく 豪雪地帯 & 雪崩の巣窟

 

冬になると、雪崩に破壊されないよう、黒部峡谷鉄道も線路の一部は解体 & トンネル内に格納 されるそうです!

 

 

途中の道も 「落石注意」

そして「自己責任の上において通行ください」の注意書き・・・

名剣温泉の手前には無料貸出のヘルメットもあり、道中工事車両もありと、少しは気を使った方がいいのかもしれませんね (^^;

f:id:namamono04:20150824233142j:plain

そんな道ですが、多少の整備はされていて、歩きやすい靴なら問題なく歩いて行けます(^^) 

ただ、場合によっては通行不可の時(季節要因以外でも)あるそうなので、ここを目的とするなら事前確認はしておいた方がイイかもです。 

 

 

 

 

祖母谷地獄 & 祖母谷温泉

 そんなこんなで最後の上り坂の長いトンネルと抜けると・・・・・・

祖母谷温泉が見えてきます!

 f:id:namamono04:20150824233220j:plain

登山客の宿泊所になっている祖母谷温泉小屋(ばばだに温泉)

テントも張れるそうです(言うまでもなくバイクでは行けませんw)

 

祖母谷を流れる川のそばに素朴な小屋!

周りは渓谷美!!

そして 温泉!!!

 

これだけでも、言うことなしですね! (´∀`*)

 

 

最後の鉄橋を渡れば、いよいよ祖母谷温泉

その橋の上から下流を眺めると・・・ 

分かりますかね??

f:id:namamono04:20150824233915j:plain

左の流れは「祖父谷」からの流れ、対して右の川は「祖母谷」からの 流れ。

そうなんです、色が まーーーーったくチガウ んです!

祖母谷の川底の色は、見事な冴えわたる水色。

 

 

その理由の一つはたぶん・・・源泉!

では、祖母谷温泉小屋に向かう前に、その源泉に向かいましょう!(^^)/

 

 

 

祖母谷温泉

 

 橋を渡りきって、左に歩くと小屋、そして反対の右に歩いて行くと、

祖母谷温泉の源泉「祖母谷地獄」!!!

f:id:namamono04:20150824233257j:plain

 

 

歩いて行くと、やはり見事な川の色彩! 

そんでもって野生の猿もいっぱいウヨウヨ!

f:id:namamono04:20150824233339j:plain

 

祖母谷地獄、そこいらじゅうから蒸気が噴き出し煙がもうもうと立ち込めます! 当然地べたはアツアツ! そこかしこから90℃ちかいと思われる源泉が湧き出しまくってます!!

f:id:namamono04:20150824233400j:plain

さほど強くは無いものの、素晴らしい硫黄の匂いも立ち込めていて、

まさに源泉パラダイス!

 

源泉から引き湯するための黒いホースもそこかしこ。

付近のお湯を触ってみると・・・いやもう強烈に、ほんまに強烈に熱い!!!

 

 

 源泉は祖母谷の川の河原から(あるいは川底からも)湧き出していて、川へと流れ込んでいます! その川の石をみると・・・

f:id:namamono04:20150824233445j:plain

白い硫黄の湯の花でコーティングされてます(^^) 

 

 

黄色い硫黄の結晶もちらほら見られ・・・ 

f:id:namamono04:20150824233506j:plain

 

アッツアツの湯だまりの底からは、プクプク温泉のガス 

f:id:namamono04:20150824233548j:plain

 

 

いやはや、ホンマ、源泉パラダイス!!!

 

 そんな大量のアツアツの源泉があって、すぐ脇には清流

となれば??? 

 

 

そう!! ここ祖母谷温泉河原の野天湯 としてもちいとばかし有名(?)

 

 

となりゃ~~

 

入らずにはいられんでしょーーー!!!

 

 

 

 

f:id:namamono04:20150824233628j:plain

野生の 猿に見られながら温泉を味わいます!!

(一応、猿に荷物をかっさらわれんように要注意!www)

なかなか適温のトコロを探すのに少し苦労ですが、サイコーの湯!!

 

大自然の渓谷に流れる清流。

その中、湧き出したばかりの温泉に浸かれる野天湯!

 

大自然に温泉に裸・・・・

 

 

大自然にハダカ・・・・・・

 

 

 

先に言っておこう!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

f:id:namamono04:20150824233715j:plain

 

 

 

 

 

 

 

もう一度言おう!!!!

 

 

f:id:namamono04:20150824233732j:plain

 

 

他にも温泉を楽しんでらっしゃる変態 おとうさんもいらっしゃいました!

 

やっぱり、野天湯には ”独特の気持ちよさ” がありますね!

いや、ホント、ヘンな意味じゃなくてね、真面目に、紳士的に!(^^)

 

祖母谷温泉小屋

野天湯を楽しんだら、祖母谷温泉小屋にもGo!! 

f:id:namamono04:20150824233813j:plain

 

受付でお代を払ったらお風呂へ! 

f:id:namamono04:20150824233848j:plain

立ち寄り湯に開放しているのはこの露天風呂!(男湯 もしかして混浴? 不明) 通路からの写真なんですがね、丸見えです!www 

 

河原の温泉に入れるような人には違和感は無いと思いますがね・・・ 

 

 

ちなみに女湯もありますよー!! そっちは外からは見えないようにしっかり造られてるそうです(^^)

 

 

お湯は、あつ湯とぬる湯に分かれた広い浴槽に、お湯がダバダバそそがれてます。

さすがに、あのアツアツの源泉、そのままでは温泉タマごになるんで加水はされてますが、溶きタマゴ状の湯の花が舞うトロッとした感触の温泉。

 

源泉をすくって口に含むと、少しの硫黄臭に硫黄塩っぽい風味(たぶんねw)

pHはほぼ中性と思われる、単純硫黄泉。

 

こちらも川の音と渓谷を楽しみながら入浴できるいいお湯でした!!(^o^)ノ 

 

ここも、来るには少々遠い温泉ですが、観光地としても人気の黒部峡谷鉄道、足を延ばすのもいいと思います!

 

 

さてさて、夏休みの記録、っていうよりも 温泉記録 でしたが(^^;

 

これにて しゅ~~~りょーーーーー!!