読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CBRと趣味の言い訳部屋

なにかと言い訳と口実を見つけながら趣味と日常を綴るブログです(^^)

SWツーリング③ SUPER GT決勝日 & 遠刈田温泉 & 青根温泉 編

CBR250RR ツーリング バイク 温泉

 

シルバーウィークに仙台菅生でSUPER GTを観戦しよう!! 行くなら東北もまわっちゃおうツーリング!

 

一夜あけての2日目 9月20日、朝から蔵王温泉の温泉巡りを楽しんだら、いよいよ出発 ( ・∀・)ノ

 

さて・・・

 

昨日「夜間+強風+低温+濃霧」を食らった身としては、再び蔵王エコーラインを越えていくのか、高速の山形道で行くのか悩みどころです・・・

 

背後の山並みを見ると・・・・

 

「雲がかかってるやわいね (´・ω・`)・・・」

 

でも・・・! 今日は昨日と違って日中やし、風もそこまで強くはなさそうな雲の流れ!

 

エコーラインへ!

 

 

 

案の定、標高が上がってから頂上付近までは霧!

 

でも、峠を越えると天気は一転!!!

 

そこには・・・?

 

青空!!

f:id:namamono04:20151001222557j:plain

 

頂上付近では紅葉も始まっていて、なかなかの美しい景色が広がってました!(^^)

 

 

SUPER GT 第6戦 スポーツランドSUGO

さて、スポーツランド菅生に到着! いい天気!

f:id:namamono04:20151001223326j:plain

朝からゆっくり温泉にはいったせいで、すでに日曜フリー走行は終了(^^;

 

インタビューイベントを楽しんだり、(あっ!マッチ! D'station GT-Rの近藤レーシングの監督をしてますよ~!)

f:id:namamono04:20151001223840j:plain

ウォームアップ走行を楽しんだりして

 

ハイ、決勝!

f:id:namamono04:20151001224526j:plain

決勝ともなると、けっこう人が来てますね!

 

 

決勝レースの展開は???

 

 

書くのメンドウやから、スットバシーー!!(笑)

 

手短には、毎年、「菅生には魔物が出る」と言われるスポーツランドSUGO

コースにアップダウンが多く、幅も狭い、その中、500クラスと300クラスが混走するため、他のコースと比べても荒れることが多い菅生。

 

今年もご多分にもれず、大荒れ!!!

 

クラッシュ → セーフティーカー → 狭いピットロードが大混雑 → ピット出口であるチームが完全にピットロードを塞いでしまう → SWもびっくりな大渋滞!!

 

そんな荒れた展開、ポールからスタートした46号車 S Road MOLA GT-RはSCあけに残念ながらオーバーテイクされてしまい2位・・・

f:id:namamono04:20151001225730j:plain

 

 

優勝は、100号車のRAYBRIG NSX CONCEPT-GT

f:id:namamono04:20151001225803j:plain

ハイブリッドシステムを搭載しているNSXのHONDA勢、今シーズンの初優勝!

100号車はこれで一気にランキング2位に躍進です。

 

ウエイトハンデが半分、そせいてゼロになる第7戦、最終戦へと混戦模様を呈してきましたね!(゚д゚;)

 

ちなみに3位は、夏の富士を彷彿とさせる追い上げで追い上げてきた、

24号車 D'station ADVAN GT-Rでした。

 

GT300クラスは、マザーシャーシ(コストを抑えて参戦するための共通シャーシ)勢初の優勝!

f:id:namamono04:20151001231231j:plain

 

今回は、残念ながらGT-R勢の優勝は無く、1号車のNISMOもポイントは獲得したものの、接触ペナルティーを貰うなど、パッとしない結果でしたが、シリーズは面白くなってきた、ってトコロでしょうかね(^^;

 

表彰式も見て、日が暮れそうな頃、今日の宿泊地の山形駅前に向けて出発。

 

 

遠刈田温泉

菅生から山形市へ、その途中で今日は立ち寄り湯。

行ったのは、エコーラインのふもとあたりの道沿いにある温泉地、

遠刈田温泉(とおがったおんせん)

こじんまりとした温泉街で、いくつかの立ち寄り湯があります(^^)

 

そのなか今回寄ったのは、共同浴場「壽の湯」 (ことぶきのゆ)

f:id:namamono04:20151001235250j:plain

ここも共同浴場アルアルで、お湯は熱め! 時間帯によって温度を変えているようで、昼は少し低め(たぶん普通程度)で、朝晩は熱めのようです。

 

お湯は、少し濁った茶色の湯。シャンプー石鹸などはありませんが、共同浴場としては珍しくドライヤーはありました!(^^)

 

 

この手の共同浴場に来ると、よく、地元の方が声をかけてくれたりするんですよね!(^^)

 

ちょっと緊張しながら、そんな会話のやり取りを楽しむ。旅情を感じられる、けっこう好きな体験なんですが、「なんだかコレ、どこかで感じてる感情だなー」ってずっと思ってたんです。

 

ふと今回気付いたのは、この感覚、

 

ツーリングで「ヤエー」した時の感覚に似てるんじゃないかと・・・

 

すれ違う時の一瞬の「Yaeh」、少しの時間ですが、ツーリングに出てる感があって、繋がりや、コミュニケーションを感じられる、すこし高揚したような気分。

 

共同浴場で話しかけてもらえたときのすこしウキウキする感情、それは、ヤエーの気分に似てるんじゃないか、そんなことに気づいた温泉でした。

 

遠刈田温泉

  • 泉質    ナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉(低張性中性高温泉)
  • 源泉温度  68.9℃
  • pH     7.0
  • 主な陽イオン ナトリウム・カルシウム
  • 主な陰イオン 硫酸イオン・硫酸水素イオン・塩素イオン
  • 電解質総計   2,160 mg/g
  • 電解質総計  98 mg/kg(メタケイ酸・メタホウ酸)
  • ガス成分   186 mg/kg(遊離二酸化炭素
  • 成分総計   2.26 g/kg 

 

青根温泉

遠刈田温泉を出たら、チョット走ってすぐまた温泉。

すっかり日も暮れましたが、今度は青根温泉!

f:id:namamono04:20151001235151j:plain

広い駐車場のある日帰り温泉施設です。

なかも広く、洗い場も多く、シャンプー・ボディーソープもあり。

ドライヤーもあり。

 

お湯は、底が黒い湯船で分かりにくかったですが、おそらく無色透明・

露天風呂はありませんが、適温で入りやすい湯でした。

源泉100%の循環・加水・加温無しだそうです。

 

ここではゆっくり温まって、湯あがりに飲み物も飲んで、体力回復。

 

ここから迎える、山形行き、夜の「笹谷峠越え」に備えました! ( `・∀・´)ノ

 

SWツーリング④に続く~~~~

 

青根温泉

 

  • 泉質    低張性中性高温泉
  • 源泉温度  49.8℃
  • pH     7.0
  • 主な陽イオン ナトリウム・カルシウム
  • 主な陰イオン 硫酸イオン・硫酸水素イオン・塩素イオン
  • 電解質総計   750 mg/g
  • 電解質総計  75 mg/kg(メタケイ酸・メタホウ酸)
  • ガス成分   13 mg/kg(遊離二酸化炭素
  • 成分総計   0.838 g/kg