読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CBRと趣味の言い訳部屋

なにかと言い訳と口実を見つけながら趣味と日常を綴るブログです(^^)

SWツーリング⑥ 玉川温泉 & 天然の岩盤浴

CBR250RR ツーリング バイク 温泉

今回の記事は3日目の晩と4日目朝の記事!(5日目の記事を書き終われるのはいつになることやら・・・)

 

シルバーウィーク3日目、そこそこ走って、16時に玉川温泉入り!

(自身のツーリングとしては異様に早い宿入り・・・いつもは早くても19時とかなのに・・・)

 

今日は、晩御飯付きなんで(^^;

f:id:namamono04:20151007235642j:plain

この日の宿は「ぶなの森 玉川温泉 湯治館そよ風」さん

 

左の白い建物がロビーのある建物、右の黒い幕が下げられてるあたり一帯が大浴場!(でっかい!!)

 

 

部屋は、四人1部屋の相部屋で。

 

ただ、人部屋が4つに区切られていて、鍵のかけられるパーテーションも有り。

セーフティーボックスもあって必要最低限のプライベートも確保。

十二分に快適!(^^)

f:id:namamono04:20151008002812j:plain

相部屋になった方とも盛り上がりイイ感じでした!(^^)

(屋根付きシャッター付きのガレージに駐輪させてくれましたし!(*^ー゚)b

 

さて、ここで、中途半端に早く宿入りしてしまい、行きたかったトコロの採りこぼしが多すぎることが惜しくなったブログ主。

 

 

 

急遽! 明日の、もう一泊の宿を取り、

3泊4日の予定を4泊5日に延長!!!

 

 

むちゃな日程変更ができるところもソロツーのいいところ?!ヽ(・∀・ )ノ

 

 

 

 

玉川温泉

無事、次の日の宿を確保したら、いよいよ玉川温泉を堪能しに、宿の温泉へ!!!!(^^)/

 

玉川温泉、ここは全国でも珍しい「塩酸が主成分」の温泉!!

そのpHはなんと1.1

 

ここまで強い酸性泉も珍しい! 青森の酸ケ湯もすごかったけど、ピリピリ具合はそれ以上!

体にチョットしたキズがあったらそこがむちゃ染みます!!(>_<)

 

自分の場合、3日走って少しずつ出来た、指先のグローブ内でのすり傷がちょいと染みました(^^;

 

 

 

そんな、そよ風さんのお風呂はすっごく広く、露天風呂に打たせ湯、人工岩盤浴に蒸し風呂、寝湯、ぬる湯×2にあつ湯と、たっくさん用意されてます!

 

 

浴室内は、すっごく天井が高い建屋で、床も壁も浴槽もほとんどの部分が木造り。

湯治場らしい、温泉情緒が漂う浴室。

雰囲気がサイコーヽ(*´∀`)ノ

 

 

温泉も、源泉100%に50%と2つの濃度があり。

これは、さすがに塩酸泉、そのままの泉質だと強すぎてピリピリが強く肌負けする人もいるから。

 

 

 

上がる時も、普通の温泉なら成分を流さないでそのままあがるところ、ここでは肌負けしてしまうことを防ぐために真水でながしてからと、勝手が違います。

 

そんなお湯、少しピリピリはしますが、最高の湯、適温でたーっぷり1.5時間以上、ご飯後も1時間以上、次の朝も堪能!

 

 

 

キャラも温泉成分も濃い、強烈な、でもすんごくイイ温泉でした!(^^)

 

立ち寄り湯も、9時~17時でやってるようです。ドライヤーももちろんあり!

 

 

玉川温泉

  • 泉質    酸性・含二酸化炭・鉄(Ⅱ)ーアルミニウムー塩化物泉)
  • 源泉温度  97.5℃
  • pH     1.13
  • 主な陽イオン 水素イオン・アルミニウムイオン・鉄(Ⅱ)イオン・Ca・Na・Mg・K イオン
  • 主な陰イオン 塩酸イオン・硫酸水素イオン・硫酸イオン
  • 電解質総計   5,599mg/g
  • 電解質総計  667 mg/kg(メタケイ酸・メタホウ酸・硫酸)
  • ガス成分   2,196 mg/kg(遊離二酸化炭素
  • 成分総計   12.53 g/kg 

 

 

 

玉川温泉 天然岩盤浴

日付変わって9月22日、シルバーウィーク4日目~~~~!!!

 

朝の6時前から宿の温泉に入り、この日も盛りだくさんに行きますよーーー!(^^)

(この日は走りの距離はそこそこに、温泉三昧で計画  延泊を決定し、日程に余裕ができたのでね!)

 

宿を出たら、まず向かうは玉川温泉の源泉地「玉川温泉」さん。

 

その近く、天然の岩盤浴が出来る場所に!

 

 

バイクで走って10分、すぐ到着!!

バイクを降りて、歩いて源泉に向かって歩いていきます!ヽ(*´∀`)

f:id:namamono04:20151008012059j:plain

 

源泉があふれ出して出た川沿いには?

f:id:namamono04:20151008012141j:plain

湯の花を採取するため(?)のといが作られてます!(非常に熱い源泉の温度を冷やす目的もあるのかな?)

 

そんなとい沿いを歩いて行くと、

 

玉川温泉の源泉「大噴」

f:id:namamono04:20151008012616j:plain

日本一の強酸性の98℃の源泉が、なんとなんと、毎分8,400Lの大流出!!

 

もう源泉垂れ流し!!!www

 

ぼっこんぼっこんとかなりの大音量とともに湧き上がってます。

 

 

 

 

さて、この地での本命、岩盤浴用の小屋(テント)

f:id:namamono04:20151008012754j:plain

いたるところから湯気が立ち上っているこの一帯。

f:id:namamono04:20151008012943j:plain

もうもうと湯けむり! 荒涼たる景色!

 

硫黄の結晶も地面のアチコチに。

f:id:namamono04:20151008013700j:plain

 

その地面は地熱で熱く、寝転がると天然の岩盤浴!!

本当は、上の写真の小屋の中で、ゴザ(玉川温泉で売ってるらしい)を敷いて岩盤浴ってのが本流ですが・・・

 

そこは、もう順番待ちの人も出来るほどの人(;゚д゚)

 

 

せっかく来てますし、この日もいい天気!!!

 

 

 

ならば、他の人にならって青空岩盤浴といきまっしょい!!!!

 

宿から着てきたジャージ姿になり・・・ゴロン!

f:id:namamono04:20151008013605j:plain

 

やってみると風が通る秋の高所にもかかわらず、けっこうなポカポカ!!

短時間でもじんわり汗が( ´∀`)bグッ!

 

なかなか体験できないレアものの岩盤浴。今回は20分程度の寝ころびっと、雰囲気程度の時間でしたが面白かった!

 

(ちなみにこの一帯、昼過ぎにまた通った時には駐車場は満車。休みの日だとそうとうな混雑を覚悟かもです(^^; )

 

 

最後は、玉川温泉さんに立ち寄り湯をして、汗を流し、さっぱりして出発!

玉川温泉さんも木造りの浴室に、50%に100%の源泉割合の湯、ぬる湯にあつ湯、深し湯とバラエティー豊かでした。

 

立ち寄り可能時間は、8時~19時。

いいお湯でした!

f:id:namamono04:20151008014621j:plain