読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CBRと趣味の言い訳部屋

なにかと言い訳と口実を見つけながら趣味と日常を綴るブログです(^^)

3連休ツーリング 3日目前編 奥志賀林道・切明温泉

CBR250RR ツーリング バイク 温泉

 

 

野沢温泉に一泊し、たーーーんまりと湯めぐりを堪能したら3連休も最終日の7/20日、

 

最終日も 山道ツーリング と 温泉巡りに 出発です(^^)/

(ええw まだまだ温泉に入りますよwww)

 

 

今回のツーリングにはまだまだ やり残したこと があります!

 

っと言うよりも、5月のゴールデンウィークツーリングの時にやり遂げられなかったこと、 そう、メイン温泉が!

 

っというわけで、取りこぼしを取り戻しに 出発!!!

 

 

奥志賀林道 ー 雑魚川林道

野沢温泉街を出発する前に、ここで まず給油!! 

 「それが~ 一番大事~」

そうなんです。ここからそれなりに長い距離、人里離れた電波も時に届かない山奥に入るので、出来る準備はしておきます (`・ω・´)ゞビシッ!!

 

そしたら、野沢温泉スキー場の横を抜けて(スキーの練習で走っている方もいるので注意!) 、いーーーっきに標高を上げてたどり着くのは奥志賀林道。 (県道502)

f:id:namamono04:20150730230711j:plain

 

さっきまで居た野沢温泉街は、すでに遥か眼下に!

f:id:namamono04:20150730231113j:plain

 いやーーーー今日こそイイ天気だ!!

それこそフラグの回収もしようが無いほどに!( >д<)g

 

 道はこんな感じの中央線の無い道が続きます。

でもかつては有料だったという奥志賀林道、舗装は悪くなく走ってて楽しい道が続きます(^^)

f:id:namamono04:20150730231819j:plain

 

でも、ね・・・ ときどき、気になるものが落ちてるんですよ・・・

落石じゃないの、

 

黒々したかたまり・・・

 

これってやっぱり・・・ぷーさんの落し物? (走りながら見たんで詳細は不明w)

 

夜間やらにガス欠やらパンクやらで立ち往生するとヤバいかもね (^^;

 

 

そんなこんなで、いつの間にか(ほんとにいつの間にか ← 分岐点に気付かんかった)奥志賀林道から雑魚川林道に入りました。

 

そこで、出迎えてくれたのは?

 

こんな季節やのに、

 

 雪渓!!! こんなにTUBEの稼ぎ時 夏やのに、サザンが繰り出す夏やのに大黒摩季も叫ぶ「夏が来る」のに、残雪! (なごり雪?!) ふざけすぎた~♪ ・・・ね w

f:id:namamono04:20150730232834j:plain

 

この雪渓、下に川が流れているのか空洞が出来ていて、道路近くにできた出口から、それはそれはヒンヤリした空気が噴き出してました!

その冷気に冷やされ、空気中の水蒸気が結露、モヤみたいな霧が出来てました ↓

f:id:namamono04:20150730234602j:plain

写真のバイク後方の拡大! (分かります?)

 

そんな自然だらけの道をたどって着いた先が、

今回の旅の目的地(温泉)の本命です!! (`・ω・´)

 

 

切明温泉

 本命 それは、

切明温泉!!!

 

5月のツーリングでは、奥志賀林道が冬季通行止めから明けておらず、草津側から行こうとしたその回では諦めた温泉だったんです・・・

 

なので今回は、ぜひとも来たいと決めてました!!( `・ω・´)

 

 

切明温泉には3つほどの温泉宿(と思います)。立ち寄り温泉が出来るのは3つともで、「雄川閣」「切明リバーサイドハウス」「雪あかり」。

ただ今回、秘湯を守る会の会員宿の「雪あかり」で日帰り温泉をしようかと思ったのですが、時間外だったようで。 

 

それで使わせて頂いたのは駐車場すぐにあった「雄川閣」でした。

でも雄川閣の内湯を使わせてもらうのは少しあと。先に行きたいところがあります!!

 

 

 

さてさて、それでなんでまたそこまで切明温泉に来たかったか。宿の立ち寄り湯に入る前にどうしても来たかったトコロ・・・それは (?_?)

 

河原に自然に湧きだす天然の露天風呂!

っというより脱衣所もなんの施設もない、ただただ河原に勝手に温泉が湧き出しているだけの 野天湯!!!!( ・∀・)つ

 

今回のツーリング、ここの野天湯に入るために、水着を持ってきてます! 

 駐車場の公衆トイレを使わせてもらって着替え、そして野天湯へ(Go)!

 

雄川閣の横の道を下りていくと・・・

f:id:namamono04:20150731002013j:plain

 

人だけが通れる橋・・・

f:id:namamono04:20150731002045j:plain

 

橋の上からは中津川の流れが見え・・・

f:id:namamono04:20150731002214j:plain

 

対岸に渡って川沿いを登って行くと・・・

f:id:namamono04:20150731002614j:plain

 

源泉が湧き出した野天湯があります!!

f:id:namamono04:20150731002855j:plain

 これは一番の上流側にあった湯だまり。

河原沿いに湯だまりがいくつかあり、川上から川下の湯へと順に温度が低くなっていきます!

お好みの湯加減のお風呂にどうぞ!!( `・∀・´)ノ

 

 

ほんとうは自分でスコップを持っていって掘り、マイ温泉を造るのがツウですが、すでに広い野天湯が造ってもらえてたので、有り難くお湯を頂きました!(^^)

(スコップは雄川館で借りさせてもらえました)

 

 

お湯は、とろみを感じる無色透明の湯。気のせい?レベルで硫黄のにおいがする気がしました。表層はとても熱く、源泉付近の湯はなかなかに熱かったです(5秒は手を漬けてられない (^^; )

一方、下層は川の水が染み出すのかひんやりした温度。

少し混ぜると適温です (・∀・) しかも湯船(?)はとっても広々!!

 

 

何より、素晴らしいのは 「素晴らしい好天と大自然の川沿いで、強烈な開放感を感じながら野趣あふれるお湯に浸かれること」(*´∀`*) 

 

来た甲斐のある、サイコーの気分になれる野天湯でした!

 

 

ところで、

温泉に水着で?それってアリ? って意見もあるとは思いますが、すぐそこは川、川遊びをしている人もひと家族いたので、そうしてみました。

でも、温泉は温泉、水着なしで入ってもいいのではっとも思いますし否定できません・・・なんか曖昧。まぁ様子をうかがいつつ入りましょー!

 

とにかく開放感がハンパなく気持ちいい湯ですよ!!

 

 

今回は台風あけ、増水していると入れない場所なので、入れてヨカッタです(^^)

 

 

 

そんな野天湯ですが、「恥ずかしい」「入りたいけど完全に自然の水、衛生的に不安だから」「入るけど、普通の浴槽にも入りたい」、そんな時には、立ち寄り湯に入りましょう(^^)

 

ってわけで僕もせっかくです、スコップも貸していただいた雄川閣に。

雄川閣、内湯と露天のある温泉でした。ぬるめの長時間入ってられるゆでした。

ちな、ドライヤーあり。 

 

ほんとうに来れてヨカッタです!!!!

 

3日目後半に続く~~~

 

切明温泉

  • 泉質    ナトリウム・カルシウムー塩化物・硫酸塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
  • 源泉温度  54.7℃
  • pH     7.7
  • 主な陽イオン ナトリウム・カルシウム
  • 主な陰イオン 塩素イオン・炭酸水素イオン・硫酸イオン
  • 電解質総計   1,220 mg/kg
  • 電解質総計 71.3  mg/kg
  • ガス成分   264 mg/kg (遊離硫化水素
  • 成分総計   1.55 g/kg