CBRと趣味の言い訳部屋

なにかと言い訳と口実を見つけながら趣味と日常を綴るブログです(^^)

2017年8月 宮古島ダイビング旅行記

 

8月になって夏本番!! っかと思いきや急に涼しくなったり台風5号に翻弄されたり、どうも天候不順な今日この頃。
いかがお過ごしですか?
 
さてこちら なまもの、「今年は去年よりもたくさん潜ろう!」 そんな誓いを建てた2017年! そんな今年のダイビング旅行、前回の八丈島に続く第2段として、沖縄は先島諸島宮古島に行ってきました!(*‘∀‘) 今回はそんな宮古のダイビング旅行なブログ! 今回は割と写真も陸上要素多めで、行ってみよ~~!

f:id:namamono04:20170811203522j:plain

 

 

【陸上編】


8月4日の金曜日! 有休を取って羽田―那覇の始発便で那覇入り。

 
皆さんの記憶にもまだ新しいかと思いますが、この時、あのふらふらと迷走を続けていた台風5号が奄美諸島を直撃・・・ 速度が遅い上にふらふらと進路が定まらない台風5号、その進路予報に戦々恐々な1週間を送ってましたが、何とか沖縄本島より北側を通過! 那覇に着陸さえできればあとはこっちのもの! そんな見通しも立って一安心、どうやら宮古島の天気の予報も晴れ!
 
 
果たしてどうなるかと思っていた天候も蓋を開けてみればなんてことなし!
宮古に着いた瞬間に一面に広がる「夏!」 

f:id:namamono04:20170811203547j:plain

勝利っしょ?!これ!(^○^)

 

 
そのまま観光に出かけても、この快晴! この海の青さ! 強い日差し!!
完全に勝ち組!(確信)

f:id:namamono04:20170811203622j:plain

奇麗すぎる景色が心に刺さりっぱなし! 特にこの伊良部大橋! ごく2~3年前に開通したばかりの宮古島と隣の伊良部島を結ぶ絶景ロード!


ロクダボも乗るようになってから、やたらとツーリングの雨率が高い自分ですが(雨やとわかってても確信犯で出かけることも多いですが・・・)、不思議とダイビング旅行では天候に恵まれることがほとんど! 今回も台風にヤラレルかと思いきや回避! 風と波が強くて潜れるポイントに制限が出たものの、御の字も御の字! それどころか、勝利と言ってもいいんじゃない!

 

 特にこの橋はキレイで走って良しなら、たもとに降りて近くから見ても良し! ↓

f:id:namamono04:20170811203719j:plain

 

 離れた展望台から眺めても良し!↓

f:id:namamono04:20170811203813j:plain

ホンマに水がクリアで青くて見てるだけで癒される! 初っ端から来てよかったと感じまくり。

 

 

そのまま走って伊良部島とほぼ地続きの下地島へ。 ここの下地空港、少し前まではジェット機の訓練飛行場として使われてて有名やったけど、今は練習飛行は無くなってしまってそれがかなりザンネン! プロペラ機はまだ飛んでましたが・・・
でもそれを補って余りあるのがその近くの海の景色!

f:id:namamono04:20170811203843j:plain

 今回みたビーチの中で一番きれいな景色やったかも!!(^^) 泳いでおけばよかったと少し心残りなほど! ここ、着替え場所もシャワーも無いし、上げ潮の時には写真で見えてるビーチも消滅しそうな予感がしないでもないけどwww
それにそもそも泳いでいいのかも知らんけどな! でも泳いでる人もいたし、せっかくなんでその人たちをアクセントにもらいながら写真を1枚! エメラルドグリーンが眩しい!

 

そのまま島をまわってダイビングポイントとしても有名な「通り池」
ここは地下で海と繋がっていて、海からエントリーしてこっちの池に顔を出せるってことで宮古でも有名な場所。 今回の旅の期間中は西風が強くて、ここ通り池をはじめ、ガウディー、魔王の宮殿っといった島の西側の有名地形ポイントに行けんかったのは残念・・・(^^; 次回のお楽しみ。

f:id:namamono04:20170811204019j:plain

 

 

車で走ると1周3時間程度っというサイズ感の宮古島、でも他にもいっぱいピーチはあって、そんなビーチの景色を見ているだけでもテンションが上がる!
こっちは宮古島来間島の間にある橋の近くのビーチ! またまたシュノーケラーの姿を借りて1枚

f:id:namamono04:20170811204056j:plain

 

こっちはこじんまりしたサイズ感が魅力な砂山ビーチ(宮古の本島)

f:id:namamono04:20170811204135j:plain

 けっこうな斜度の砂の坂を下りて行ったさきにあるビーチでビーチパラソルも絵になる!
風が強くて泳げんかったけど、遠浅すぎなさそうでいい! 
今回は風の事もあって宮古東海岸・新城海岸(アラグスク)でしか泳がんかったけど、今度行くときはこのあたりもイイかも!(^^)

 

宮古は特にこれといった観光はあるようには思わんけど(海中展望台とか? ダイバー的には興味は惹かれない・・・)、自然があればそれで充分!! あとはビーチだけじゃなくてマングローブ林の遊歩道。

f:id:namamono04:20170811204204j:plain

 トントンミー(ムツゴロウ的な魚)とか赤いカニがたっくさんおった・・・

 

んでもって、あと旅の楽しみっちゃぁ食事!!

せっかくの旅行! ちょっと奮発して宮古牛を食べに行ったりして!(^^)
焼肉 海風(いんかじ)さん

f:id:namamono04:20170811204244j:plain

 

30歳を超えて数年、最近とみに食べられる量が減って来たなまもの。
モットーは「いいものを少しだけ」 

f:id:namamono04:20170811204312j:plain

せっかく来たんやし、いったところで食べられる量が知れた量なら値段も張らない!www
高めの方の宮古牛を、いただきます!!
トモサンカクが旨かった~~~(´▽`*)
外で買ってきて宿に持ち込んで切って食べたマンゴーも、まさに今が収穫時期の旬!

f:id:namamono04:20170812215017j:plain

これまた美味!!(*’▽’)
ドラゴンフルーツもよかったし島料理も牛も外れ無し!
 
ほんでもって着くまで知らなかったのがこの週末、宮古でオリオンビアフェストが開催! 花火も少しある!!
当然これ行くっきゃないっしょ!!!!!(*’’▽’’)
タクシー拾って夕暮れ前になって会場入り!

f:id:namamono04:20170811204408j:plain

 

 

想像以上に広かった会場にビックリ( ゚Д゚)! そして想像以上の人の入りにこれまたビックリ!!Σ(゚Д゚)

f:id:namamono04:20170812215306j:plain

 

お酒のお祭りっすからね! 入口で成人の証明替わりの紙のリストバンドをもらったら即行ビール!

ほどなくしてこの日のメインイベントってことの「ディアマンテス」のライブがスタート!

f:id:namamono04:20170811204434j:plain

 

・・・
 
・・・・・・ ディアマンテス?! ナニソレ?

 

 

って皆さん思いますよね!! 自分も思いました!!(爆)
まったく知らん・・・(;´・ω・)
ダイビングショップの人曰く、こっちのうちなーの人で知らん人はいないってぐらいの有名バンドなんだとか!
ってのも、それこそこのフェストの冠、オリオンビールのCM=ディアマンテスってぐらいの存在らしく、確かに会場は大盛り上がり!! 
 
内地の人間的にはオリオンビールっていえば「おじい自慢のオリオンビール♪」でBeginのイメージやったりやけど、こっちではディアマンテス出演=神ってほどのボルテージ! 年配の方から若いお母さん世代までノリノリの踊りまくりの人だらけ! たしかに聴いてても南国の気候にもあってて知らず知らずに盛りあってきてしまう!!!
「うんうん! 確かにイイよね!」(*’ω’*)
 
・・・
 
・・・・・・

なーんて思ってるうちに、我慢できなくなり、後半は立ち見の群衆に混じって一緒になって踊りーのコール&レスポンスしてました!!www まったく知らんかったし初見やったのに!(^^;
やっぱ南国の暖かさと開放感、やばいわ!www
案の定、酒が回ってグッダグダになって帰ることになったんですがね(笑)
 
 

【ダイビング編】

でもって?! 肝心のダイビングは?!
ってことですがね、風もあったしうねりも入ってたんで、100点満点っとはいかないものの、そこは流石の南国!
海が青い!

f:id:namamono04:20170811204509j:plain

 

アカヒメジとノコギリダイの群れだったり

f:id:namamono04:20170811204550j:plain

 

定番ちゃそうやけどやっぱりついつい撮りたくなるクマノミ

f:id:namamono04:20170811204621j:plain

 

 恒例、幼魚シリーズでは今回はアカククリ

f:id:namamono04:20170811204710j:plain

小さいときはこんなふうに体のふちが赤(ってかオレンジ)に囲われてるからアカククリ。
大人になると全然違うんやけどね! こんなふうにw ↓

f:id:namamono04:20170811204745j:plain

 

冒頭の伊良部大橋、それが開通する前は宮古島伊良部島はフェリーで行き来してたんやけど、その時の船が沈められてダイビングポイントになってる「沈船カーフェリー」
魚だけじゃなくてそういうレックダイビング的なのも出来たりする。

f:id:namamono04:20170811204817j:plain

 

さらに定番やけど、これまた青い海で絵になるアカネハナゴイにキンギョハナダイ!
とくにこいつ等はこれでもか!ってほどに群れてて見てて楽しかった!(^^)

f:id:namamono04:20170811204855j:plain

 


でもでも宮古といえば、やっぱり地形ダイビング! ガウディ―・魔王の宮殿・通り池っが有名やけど、島(伊良部島)の東側にも地形ポイントはあり!
差し込む光のスポットライトがキレイな場所 

f:id:namamono04:20170811204915j:plain

 

 地形そのものもキレイながら、その洞窟を抜けた先でダイバーの吐いた泡が岩盤を通り抜けて出てくるジャグジーのような泡もイイ!

f:id:namamono04:20170811204942j:plain

 

水面の反射が奇麗な宮古版・青の洞窟なんかもあって。

そこではハタンポなんかも群れてるし、そっちもいいカンジ!

f:id:namamono04:20170811205035j:plain

 

f:id:namamono04:20170811205049j:plain

 

 

やっぱ宮古といえば地形よね~ いつか今度は西側ポイントに行ける季節に行きたいやね!

ってなわけでお送りしました宮古島ダイビング旅行記! ビーチと地形ダイビングと橋のきれいさが印象的でしたかね~~!(^^)
 
これにて
しゅ~~~りょ~~~~~!
じゃーーーん!
 
 
2017年8月5日
1本目
オーバーハング
エントリー 10時14分
水温 29.6℃
水深 平均/最大 13.1m / 25.6m
ダイブタイム 45分
 
2本目
クロスホール
エントリー 11時48分
水温 29.4℃
水深 平均/最大 11.0m / 24.5m
ダイブタイム 46分
 
3本目
狩俣下
エントリー 14時58分
水温 31.5℃
水深 平均/最大 7.1m / 9.1m
ダイブタイム 49分
 
2017年8月6日
4本目
ツインホール
エントリー 9時49分
水温 30.4℃
水深 平均/最大 ―m / 10.6m
ダイブタイム 48分
 
5本目
スネークホール・ハナダイの根
エントリー 11時39分
水温 29.6℃
水深 平均/最大 9.7m / 14.9m
ダイブタイム 46分
 
6本目
沈船カーフェリー
エントリー 14時20分
水温 30.3℃
水深 平均/最大 12.8m / 19.1m
ダイブタイム 50分

2017年8月6日
4本目
ツインホール
エントリー 9時49分
水温 30.4℃
水深 平均/最大 ―m / 10.6m
ダイブタイム 48分
5本目
スネークホール・ハナダイの根
エントリー 11時39分
水温 29.6℃
水深 平均/最大 9.7m / 14.9m
ダイブタイム 46分
6本目
沈船カーフェリー
エントリー 14時20分
水温 30.3℃
水深 平均/最大 12.8m / 19.1m
ダイブタイム 50分
 
 

24h耐久ツーリング 後編 ~泣きを見た夜の険道と癒しの別所温泉~

 

8耐ノ週末ヤカラサー・・・ そんなノリで?!始めた耐久ツー

 

雨にたたられ、途中で切り上げようか・・・?

少しの迷いを抱えながらの日帰り耐久ツーリングでしたが、そんなこんなで(栃木→グンマー→サイタマン→)長野入り。ここまで来たら迷ってる場合じゃない! ってか迷ったところで長距離の高速帰宅レーシングが待ってるだけ。

 

ならば!

 

日の出ている限り、走れるだけ走りつづける! 

当初の目的どおり、自分がどこまで走れるのかを追求する、ドMツーリング・続行!

 

 

出発から13時間・時刻は15時、戦いは後半戦へと突入していくのでした・・・

 

【前編 ↓】

 

namamono04.hatenablog.com

 

 

ビーナスライン

R299を抜けてここまで来たなら行くっきゃない、ライダー定番のビーナスライン

 

茅野まで来て、ビーナスで北上するのかそれともR152で南下するのかを迷ったけど、R152だと帰るまでに通る高速道路区間の距離が長い・・・ そして東名。

 

今回実は、(区間外も走ることにはなるけど)2輪の高速乗り放題プランに申し込んでのツーリングなので、出来れば帰りは関越で帰りたい!

 

なので、ここは北上!ビーナスへ!

R152も興味深々なので、こいつは寸又峡とともに次の機会に取っておこう! (呼びかけw)

f:id:namamono04:20170804074312j:plain

 

いざビーナスラインに突撃!!!

 

そして、来た!!キタ!! 本日まれなる乾いた路面!!!

f:id:namamono04:20170804074840j:plain

ドライランドはココにあったんだ!!(歓喜) 久々のドライコンディションに血沸き肉躍るなまもの! 

 

 

ものの1kmも行かずにどっぷりウエットコンディション・・・ 

f:id:namamono04:20170804075211j:plain

やっぱり今日はウォーターワールドだ(悲哀) 

 

どこまで行っても今日は雨・雨・雨 逃れられない、(カルマ)

 

女神は雨でぐしょぐしょ・・・

f:id:namamono04:20170804081516j:plain

びしょ濡れじゃないかハニー シャッターアイランド

 

 

「もおエエよ! 今日は晴れなんて期待してないから!」開き直って北上!北上!

どこの景色も雲の中。あんまり写真を撮る気にもなれないで、霧ヶ峰に到着(^^;

f:id:namamono04:20170804075252j:plain

 

 

名にしおわば 逢坂山のさねかずら・・・・

 

じゃぁないですが、その名に恥じぬ霧っぷりは、霧ヶ峰

f:id:namamono04:20170804075321j:plain

霧降高原といい霧ヶ峰といい、そんなサービス精神旺盛に本気出してくれなくてもいいんだよ?

 

霧ヶ峰・・・霧ヶ峰・・・

みんなで歌おう 霧ヶ峰

声を合わせて きりが~~みね~~~~~! 

f:id:namamono04:20170804075348j:plain

 

パワード バイ 三菱

 

 

 

はいはいはい! トイレ済ませたら足早にさっさと行きますよ!

 

ところでビーナスライン。前半は開けた景色の中を走るけど、霧ヶ峰以降は森の中に入っていく。

そのカンジが伊豆スカイラインに似てる?なんて思いません? 南北の逆の差はあれど。 なんであんなにもクッキリ景色が変わるんでしょう・・・?

f:id:namamono04:20170804075420j:plain

 

 

 

【 美ヶ原林道 】

 ビーナスを抜け、美術館も越えて武石に折りてきたら左折して西進!

美ヶ原林道へ入っていきますよ~~~!

f:id:namamono04:20170804075504j:plain

 

林道と言えど「舗装林道」 

 初めの方はこんな風に2車線あるし、走りやすい道。

f:id:namamono04:20170804075547j:plain

 

 でも途中からは、しっかり酷道成分が高くなってきますけどね www 

(こんな道でも元は有料道路だったとか?)

f:id:namamono04:20170804075648j:plain

見通しも効くところもあるし、楽しい道だと思いますよ!

 

っというより、自分にとって、初めてバイクに乗ってカーブを曲がることが楽しいと思えた、そんな思い出の道だったりします

 

っというのも、わたくしなまもの、今でこそ「舗装林道タノシー! 酷道バンザイ!」なノリで走ってますが、このブログを始めるより前のこと、

 

 

昔は、バイクでカーブを走ることが

恐くて、楽しさなんて感じてられない!

酷道なんてとんでもない!

そんなライダーでした!

(告白)

 

いまの姿とはギャップがありすぎっというか、嗜好が全然違いますかね?! (^^;

 

バイク乗りの友達にも「カーブとか緊張して恐い」なんて言ってましたね(遠い目)

 

今でも、決して上手くないし、緊張感とか身構えた気持ちは感じ続けてますが、少なくとも緊張と同時に楽しさも感じられるようなライダーには成れました(>_<)

 

そんな自分が、セルフステアを意識して、そのためにニーグリップに重きを置いて走ることを課題に走った3年前の美ヶ原林道・・・

 

初めてバイクでクネクネした道を走る時に、緊張感と共存する楽しさを感じられて、ツーリングが「楽しい」っと思えるようになった。

 

 3年たって、また来た美ヶ原林道はウエットやったけど、オッカナビックリってことも無く走れるようになっててちょっとはツーリングライダーとして成長したような気がしたりね! 懐かしかった!

 

 

【 美ヶ原高原道路 (裏ビーナスライン) 】

美ヶ原林道(美ヶ原スカイライン←空なんてほとんど見えない)を西進することしばし、突き当たった丁字路を左折して寄り道! 美ヶ原高原道路、裏ビーナスなんても呼ばれてる道へ! 日没が迫るけど、ダイジョウブイケルイケル!

f:id:namamono04:20170804075732j:plain

 

焼山とか美ヶ原の美術館に裏手から回り込む道、途中から開けてて2車線。なかなかはしる価値のありそうな道・・・ 

f:id:namamono04:20170804075814j:plain

晴れてればね!!!www 

 

行きついた駐車場! なんも見えね! 

f:id:namamono04:20170804075842j:plain

う~~~ん・・・

 

さてちなみにこの駐車場、この時間(17時30分)だというのに結構、車が停まっている。駐車場にいた人に聞いてみたとこ、ここから歩いて上にあるホテルに泊まるだったり、ここで夜を明かして明け方出発、山を登って雲海を狙う人がそこそこいるんだとか。なので混んでるんだと。

雲海は「それ魅力!」 やけど、テントもなけりゃ雨で濡れてるし、そんな夜明けを待ってられんのでそそくさ退散! 耐久ツーを続けるべ!

 

再び美ヶ原林道に戻って西進! 林道の終点、美鈴湖を目指す! 

ヘッドライトが頼りの時間が近づいてきてる・・・ 

f:id:namamono04:20170804075917j:plain

 

そしてこの近づく夕闇からの魔の手が牙を剥く・・・

 

 

 

【 マジで積みかけた・・・地獄の険道181】

走って走って、クタクタのツーリング終盤

 

ツーリングのシメにいっちょ温泉に行く?!

どんだけ走ってても、温泉ライダー的には1ツーリング1湯は外せない!(使命感)

 

そこで選んだのは別所温泉

昔に行ったビーナスラインツーリングの時にも入りにいった温泉。

その時は、鹿教湯温泉別所温泉っと、日が暮れてからのハシゴの立ち寄り湯をした思い出。

 

今回は時間的にも体力的にも1つしか入れそうにない。

ならば、お湯が良かった記憶のある別所温泉の外湯の共同浴場、「大湯」を目指そう!

 

せっかく行くなら、最後のダメ押し! 日が暮れるその前にもういっちょ山道を!

そんな気持ちで選んだのが、県道、 否!! 険道181号

f:id:namamono04:20170804080043j:plain

下調べなく、欲をかいて走りたい! そう思ったのがいけなかった・・・ 

 

数十分後、海よりも深い後悔と雪山のように険しい緊張感に奥歯を噛みしめながら耐え抜く30分の試練が待ち受けていたのでした・・・

 

 

 

【18時30分 入山】

おそらく日没までは1時間、Google先生的には、峠を越えて別の県道にあたるまでに走らなきゃならない距離は約20キロちょっと。

 

ツーリングもラストの山道、雨は降ってて路面はダメやけど通過するだけならいけるでしょう! 

「こんな道だったよ~」そんな紹介写真のために1枚押さえつつ、入山!  

f:id:namamono04:20170804080131j:plain

中央線の無いやや荒れた路面の森の中を抜ける道。よくある険道酷道といった感じ。これぐらいなら今まで通り。差しさわり無し。

 

 

【 19時00分  路面が荒れ始める】

そう思って進んでいくも雨が強くなり、ガスってくる。

「森が深いのもあってちょっと暗さが勝ってきたかな・・・」

そんなふうに思っているうちに、やや路面の荒れと落葉が激しくなってくる・・・

「少し今までの酷道より、コンディションはBadか・・・ 一日の終わりとこの天候で選ぶ道としては外れやったかな・・・」

少しずつ日没が迫り、暗さが増す。

f:id:namamono04:20170804080212j:plain

レンズも曇るし、シールドも曇る・・・

雨とガスっているせいで前が見にくい。 仕方なくシールドを開けて走る。今まで聞こえて来なかったタイヤが小石や枝を踏む音が鮮明になる。

 

この写真の後、徐々に路面の荒れが酷くなり、小石の量も増加。

 

パーーーン!

 

タイヤが小石を跳ね飛ばした高い音が、シールドを開けたヘルメットの開口部からダイレクトに聞こえてくる・・・

その音をきっかけに、頭がいろんなリスクを想定し始める。

 

「ここで万が一パンクしたらやべーな・・・ 入ってから1台も対向車を見てないし、助けを呼べんかも? 慎重に行こう。 県道との合流まではあと何キロ?」

そう思って、スマホGoogleナビを見る。

表示は13キロ程度だっただろうか・・・

 

そんなことよりなにより、目に入った情報からヒリヒリした緊張感が走り出す。

 

電波は圏外

 

日没が迫る・・・

雨天、ウエット路面、ガスった視界、落石落葉

もし位置をロストしたらリルートの検索は不可 

 

日没前に抜けたいっという願望むなしく速度は出せない。出したら終わる。

積んだことを悟り始める

 

そうこうしていくつかのコーナーをやり過ごした先で、いっきに路面状況が悪化!!

 時速20キロも出せない状況の路面。ガスもいっきに濃くなり視界不良10メートル。 まるでレースのカーテン越しに見ているかのような視界。

 

「アカン・・・」

安全のために日没前に山を抜けるっというプランは破棄。日没を迎えることは覚悟のうえで、時間がかかろうとも山をとにかく抜ける方向へと舵を切らざるを得ないタイミングが来たようです。

 

 

【 19時30分 そして日没、魔の時間がやって来た 】

路面状況は悪化の一途・・・

それどころか道幅もぐんぐん狭くなる。 途中、幅が1メートルも無いんじゃないかっという軽トラすら怪しいんじゃ?っと思うほどの道路幅。

 

かんっっっぺきに積んだことがわかる。

そしてついに迎えてしまった日没・・・

 

 

 

 

 

真っ暗!

f:id:namamono04:20170804080314j:plain

写真を撮る余裕がかろうじて有る路面状況での一枚でコレ!! 

 道の真ん中は落ち葉の山。良いところでコレなもんやから、より酷いところ、つまり停まって写真なんか撮ってる場合じゃない状況の場所は、もう「察してください」状態。

うねった、かろうじてのアスファルトのその一面を落ち葉と小石が埋め尽くしてる。

 

それでもタイヤが通るであろう所の路面はアスファルトが露出している・・・

「ってことは少なくとも向こう側に道は続いているに違いない・・・」

すこしでもプラス要素を見つけ出して、心を強く持ってないと折れそう・・・

 

「ガソリンだってまだまだいっぱいある! ツーリングまっぷるだって持ってる!」

それだけは救い。

 

だけど、荒れて濡れてガスった路面への対応と緊張感で自然と奥歯を強く噛みしめている自分に気づく。

  • もし、ナビが落ちたら再検索は不可・・・
  • もし、パンクしたら対応不可、修理キットは無い・・・
  • もし、路面が崩落していたら・・・ 近頃大雨が多かったし、今日も一日の雨。この路面と狭さではUターンできなさそう。
  • もしバイク倒したら・・・ この足場で起こせる?
  • もし、ある日、森の中、プニキに出会ったら? → やべーしか言えね

いろんな想定が浮かんでくる。とにかくできる

 

 

この道が終わるまで、県道との合流点までは・・・?

 

ナビを見る

 

 

まだ10キロちょっと・・・

 

この数字はハッキリ覚えてる。その距離に絶望的な気分になったから。

荒れた路面、時速15キロで停まらないように走り続ける。

 

とにかく出来ることは、心を強く持って集中すること!

万が一倒れた時のために、落ちる側の斜面とは反対側のタイヤ後を走ること!

 

自分バイク史上、最悪の悪路・コンディション!

ほんと最後の最後に「やってしもた~!」です。

 

それをなんとか乗り越えて、下りにはいってしばし、

 

時刻は20時も回ってたでしょうか・・・

急に視界が開けた緩い右カーブの向こうに、

 

街灯の光!!!

 

「抜けた・・・ 乗り切った・・・」

 

人の気配の光が見えた時、ほっとするっていう状況を聞いたりするけど、あれホンマ!

心底、ほっとしました!

 

でも、気が抜けた瞬間にヤラレルなんてこともこれまたよく聞く。

最後まで慎重に慎重に!

 

そして、路面は念願の対向2車線!!!!!

 

こんどこそ 乗り切った!!!

 

ツーリング史上最大のピンチをようやく脱したのでした。

 

 

そうですね・・・

SSはオフ車じゃありません! (キッパリ)

 

そして、

酷道が楽しいとか、そういうカーブが楽しいとか、

そういうの、ウソですから!!!(看破)www

 

なにはともあれ、無事に下界に到達です。

 

ツラカッタ・・・

マジ コクドウキライ ・・・

 

 

 

別所温泉

体はクタクタ、緊張で噛みしめすぎた奥歯には違和感・・・

 

そんな状態なんで、温泉に入るべきか、さっさと帰るべきか、これまた悩みどころではあったものの、「このまま休憩なしに疲れた状態では走り続けられやせん」

 

そう判断して、休憩も兼ねてやっぱり温泉へ。こころも一旦、落ち着かせないと・・・

 

向かったのは当初の予定通りの別所温泉 大湯」

f:id:namamono04:20170804080434j:plain

別所温泉には3つの外湯があるようなのですが今回も大湯。 思えば別のを試してみれば良かった?!

 

さて3年前と変わらぬ温泉街の様子に、変わらぬ大湯の佇まい。

 

それこそ這う這うの体で到達した自分にはホッとする色味の電球に照らされた建屋。

(その3年前のことを書いた記事↓)

namamono04.hatenablog.com

あの時と同じく、そとの券売機で入湯の券を買って番台に渡して入湯。

 

ほんとに心地いい。

出発してからの17時間分の疲れが染み出すよう!

お湯は相変わらず「温泉気分にさせてくれる」硫黄臭の温泉。

黄緑色の有色透明のお湯が心地いい! 

 

入口では飲泉もできるようで、とろみと硫黄臭を感じるお湯。

外の露天風呂だと少しの湯の華もあって、夏なのに雨でひんやりした気温と相まって心地よさったらない!

 

さっきまでの酷道で感じてたヒリヒリ感とは真逆すぎるまったり癒し系のギャップったら!www

 

疲れすぎない程度のほどほどに楽しんで、シメのコーヒー牛乳までのフルコースまでをキメたら、いよいよ帰宅!

 

別所温泉 大湯 

  • 泉質   硫黄泉
  • 源泉温度 50.6℃
  • pH     8.9
  • 主な陽イオン ナトリウムイオン・カルシウムイオン
  • 主な陰イオン 硫酸イオン・塩酸イオン・炭酸水素イオン
  • ガス成分 硫化水素
  • 成分総計 0.307 g/kg
  • ドライヤー なし
  • 石鹸/シャンプー なし/なし
  • 立ち寄り湯時間 午前6時~午後10時
  • 露天風呂 あり

 

【帰宅レーシング】

時刻は21時30分

いよいよ帰宅レーシングの開幕! もうさっさと高速に乗って帰るにかぎる! そんなスタートをイキナリ事故渋滞に阻まれつつ(なんか高速乗る前に渋滞にはまったし、パジェロミニがペシャってなってた・・・)、東部湯の丸なるナニヤラソソラレル名前のインターから上へ!

 

帰りの高速も、やっぱり雨!!

 最後まで、雨から逃れられずな一日・・・ しかたない (-_-;

 

視界が悪くてまたまた精神が削られますな~

 

最後の方はさすがにあまりに眠くて休憩多め・・・(^^;

24時間以内の完走も見えて来たので、三芳まで戻ってきたタイミングで外の椅子で仮眠・・・

 

 

そんなこんなで出発から23.5時間、午前2時

 f:id:namamono04:20170804080601j:plain

総走行距離 884キロメートル 下道570キロ

日帰り・耐久ツーリング! これにて完結!! 

f:id:namamono04:20170731230705j:plain

 朝のガソリンスタンド迷走、雨天、ルートミスの酷道が無ければ、 そして温泉を諦めれば、夢の1,000キロも達成できたかも?!

 

次回の目標ですかね~www

 

そんなこんなで!

しゅ~~~~りょ~~~~~~

じゃーーーーん!!

総距離884km・24時間耐久ツーリング! 前編!

 

“ 変態 ” は最上級の誉め言葉! なまものです。

 

タイトル通りの夏の弾丸・ソロツーリング!

総走行距離884km、うち下道の距離は約570km

AM 2時30分出発―翌AM 2時00分帰宅 (26時00分)の23.5時間の旅。

 

GPSロガーで取った走行奇跡はこんなカンジ!

f:id:namamono04:20170731230705j:plain

 赤の部分が高速、緑でなぞった部分は下道!

変態になりたくて、自分がどこまで走れるものか試したくてちょいとばかり行ってきました!

 

結果、雨から逃れられないまま、ずーっと雨の中のツーリングでしたが、そんなに体がやられることは無く、無事、完遂でした(^^;

日没直前に選んだ道が、自分ツーリング史上、最悪の選択ミスで、思いっきり泣きを見ましたが(>_<)

 

出発初っ端のミスと、その最後の選択ミスが無ければ・・・900kmオーバーも出来たかも・・・っと言うのがちょっと残念だったんですが、今日はそんなブログ!

 

 

【 日本の夏、耐久の夏! 】

夏至も過ぎて日が少しずつ短くなる今日この頃、思えば6月のはやとぅさんとのツーリング以後、バイクに乗れていない・・・

気が付けば7月も最終週・・・

 

「そいやその週末は鈴鹿8対耐よな~・・・ おれも耐久ツーリングしなきゃ(使命感)」

 

なんて思ったとか思ってないとかで、それは定かじゃないですが、社食で同期にしゃべったら、みごと一発、「相変わらずアホやな」っと誉め言葉を、いただきました!星3つ!

 

いやね? ロングツーリングが多い自分ですが、前からどこまで走れるものなのか? そんなことが気になってたのでこれを機にっとばかりに「長距離・弾丸ソロツー」を決行!

 

ホントは週末を迎える段階で、明らかに土曜日の天気は雨模様、「行くか行くまいか・・・」悩んだは悩みましたが、

 

7月29日の土曜日を逃すと次は8月末のツーリングまでバイクに乗る機会が無さそう・・・

 

そんなら雨とわかってても行くっきゃない!! 

1時50分起床!

身支度を整えて午前2時30分! 出発!!

まずは北へ! 目指すは宇都宮インター! 

 

途中のPAもまだまだ真っ暗  

 f:id:namamono04:20170801204355j:plain

耐久ツーリングをするなら、日の出てる時間を、どん欲に! 貪るように走らないと!! とすれば、日が出てない時間でも問題なく走れる高速道路を日の出前に充てて、日の出とともに山に入ろうという意図!(^^)

 

4時前に高速を降りて、まずは霧降高原へ!!!

 

・・・

 

そんな算段は、初っ端から破綻!

理由はお察しの通り「ガス欠(寸前)」!!!www

 

 

正確にはエンプティ―ランプが点くだけで、なんとか耐え忍んだものの・・・

高速降りたら給油して山へ! なんて甘い考えがいけなかった!(>_<) 

 

どこまで探しても空いてるGSが無い、無い無い!!

 

地方の、そして土日の20時~7時の時間帯を舐めてはいけない!(戒め)

 

せっかく早起きして4時30分に高速を降りたのに、痛恨のタイムロス!

雨も降りだして、劇萎え・・・

 

スマホで必死の検索、這う這うの体でGSにありついてようやく給油。

ガソリンがあるだけで湧き上がる安心感・・・w

f:id:namamono04:20170801205803j:plain

 

 

【 霧降高原 ~ いろは坂 ~ 中禅寺湖 ~ 金精峠】

給油もすませたしとりあえず、ロスった分少しルートを省略しつつ先ずは霧降高原へ!

f:id:namamono04:20170801224322j:plain

霧降高原と言えば、r169なんでしょうが 、そっちは下りにおいといて、耐久ツーリングのオープニングに選択したのはr245。

いい感じに酷道っぽい地図!

 

果たして確かに、予想通りの舗装林道!

f:id:namamono04:20170801223637j:plain

雨のせいで楽しく走るってわけにいかないのがザンネンすぎるけど、奥地に入っていく感はいいかんじ!

f:id:namamono04:20170801233747j:plain

しかし、霧降の名に恥じぬガスっぷりwww

 

途中の開けた場所で、ちょっとした滝になってる堰を横目に橋を通過。

f:id:namamono04:20170801234024j:plain

 

けっこう楽しそうな道でしたよ~ 

f:id:namamono04:20170801234240j:plain

 

晴れてればね!www

 

 

牧場まで上がってくるも、サイレントヒル・・・

f:id:namamono04:20170801234433j:plain

「牧場の朝は爽やかだ」なんてウソだ!(看破) 

 

ただまぁこの時はまだ、かろうじて霧雨程度。上の写真でもシートバックのカバーも付けてないし、眼下に雲海とわずかに見える町の景色。

f:id:namamono04:20170801234720j:plain

このあと、南下すれば曇りぐらいには回復するんじゃないか?

そんなことを考えてましたね~ この時までは・・・ 

 

 そんな淡い期待を胸に、降りて行った日光→いろは坂中禅寺湖

で、本降り・・・

やむなくカッパを着る。そして、この日、最後までカッパを脱げる天気になることは無かった・・・

f:id:namamono04:20170801235633j:plain

今日の天気に覚悟を決めつつ、金精峠を越えてグンマー入り。

金精峠、前に来たときは路肩に雪で路面には融雪剤。今日は本降り。 道は2車線で楽しそうなんやけど、2度とも天気に恵まれてない・・・ またリベンジ候補として居残りっすね~

 

 

【 土砂降りの赤城山

雨は降りだしたけど、もう意地! 雨なんかに負けてる場合じゃねぇ!

と言うか、霧降高原から降りて来た時点でまだ、朝の7時やし!!

まだ、帰る時間でも距離でもない。

 

予定通り赤城山を目指す!!

f:id:namamono04:20170802191013j:plain

 

 

・・・

 

・・・・・・

 

はい!! 本降り!!

f:id:namamono04:20170802190502j:plain

ぐっじゃぐじゃ! 本降りの大雨!

2車線の楽しそうな道、楽しそう楽しそう・・・

 

晴れていればね!

 

※ 晴れてれば楽しい!なんて書いて、楽しくないんかいって話ですが、ツーリング自体は楽しかったですよ~ でなきゃ880キロも走れんwww

 

 

赤城山 大沼。こんな日に行くやつは池沼

f:id:namamono04:20170802190526j:plain

 

あんまりにも雨がひどいし、レンズは曇るし、カメラが壊れないか気が気じゃない(>_<)

f:id:namamono04:20170802190559j:plain

赤城の神社に参拝したいと思うも、大雨の中なのに傘がないからヘルメットが脱げない・・・

ヘルメットも脱がず参拝するなんて罰当たりなんで、参拝をあきらめて悪霊は退散しますwww

 

 

赤城山からの下りも相変わらずの土砂降り!

時に道の半分ぐらいが川になっちゃってる場所もあって・・・

f:id:namamono04:20170802190746j:plain

道を埋め流れ下る水とともに並走する山道・・・

「おれはジャングルクルーズにでも来たのか・・・?」(´・ω・`)

 

この雨では、榛名・碓氷・妙義っと立て続けに回ろう!っと思っていたプランにはさすがに無理があることを悟る・・・

 

「しかたない、南下してみよう・・・」

 

ルート変更! ルートに組み込むつもりなんてさらさらなかった市街地をしゃーなしで走り、秩父・神流湖へ!

 

【 神流湖~R299~r124~R299~蓼科 】

わずかな希望を託して南下しての秩父

 

市街地ではわずかな時間、雨が途切れることがあったものの

 

・・・

 

・・・・・・

 

秩父は今日も雨だった

 

雨の隙間なんて無かったんや!!(憤怒)

 

腹をくくろう! 腹をくくったらもう、迷いなし! 家から遠い方へ遠い方へでR299を西へ!

酷道として名高きR299も、十石峠付近までは2車線のワインディング!

なんていうか、ところどころ民家がある感じも道志道に近い雰囲気かも。

 

そのままR299オンリーで蓼科に向かうのもOKやけど、それは昔走ってるし、

(↓)

namamono04.hatenablog.com 

namamono04.hatenablog.com

 

今日はところどころ、前と違うルートで!

f:id:namamono04:20170802191658j:plain

 

選んだのはR299からわきに逸れる、

「r124 上野小海線

 

県道やけど国道(いな酷道)のR299よりは走りやすいという噂?!

f:id:namamono04:20170802190948j:plain

 

シカに注意らしいっすが!

f:id:namamono04:20170802200107j:plain

 

果たして走りやすかったのかというと・・・・「?」 ですが、ん~でも雨の十石峠よりは良かったんじゃないかと?

レパートリーも増えたし、

・・・うん、晴れた時に来ようね!www

 

 

R299に再度合流! 2車線に戻っての麦草峠なんかを越えつつ(ガスってる)

f:id:namamono04:20170802200349j:plain

ビーナスラインを目指す!

R299、なにがメルヘンなのかが分からんメルヘン街道やけどな!

 

 

ビーナスライン目前、時刻は15時

 

まだまだ、日没までは4時間の猶予!!!

 

まだまだどん欲に、むさぼように走り続ける!!!(^^)

 

(そして帰宅はココから11時間後でした)

 

 

 

長いツーリングやっただけに記事も長くなったんで、ここで前編終了!!

 

 

「泣きを見た後半戦」に続く~!