CBRと趣味の言い訳部屋

なにかと言い訳と口実を見つけながら趣味と日常を綴るブログです(^^)

はやとぅさんプレゼンツ! 福島弾丸ツー!

 

夏至も過ぎて、いよいよ夏ですね~~ ダイビングの季節も近づいてきてます!

タイトルは、そうですが、それはそうとですね! 

 

 

 

南の島に行ってきました!! 

f:id:namamono04:20170621233428j:plain

眩しく青い空と水! 打ち寄せる波は白く風が柔らかに吹き抜ける!

浅瀬のエメラルドグリーンが心を癒してくれる・・・ 

強い日差しさえ気持ちがいい!!

 

 

・・・

 

・・・・・・

 

・・・・・・・・・・

 

(;^ω^)

 

 

 

はい、嘘です!!

  

 

 

写真はね、そう、猪苗代湖です!!

ぜんぜん南国なんかじゃないっす!www

 

ただ、晴れている猪苗代湖って初めて見たんですが、晴れてるとこんなに青くて心惹かれる景色なんですね~ しらなんだ!

 

そんな猪苗代湖の一枚はタイトル通りで、「はやとぅさん」(id:hayatOoooo)さんとの弾丸ツーリングでのひとコマ!

 

お誘いいただいて行ってきました、福島県→栃木県の弾丸ツー!

 

福島までの日帰りツーなんて考えたこと無かったので、そこまで行くのに日帰りってことに斬新さを感じるw

 

そんな今回のツーリングのルート概要はこんなカンジ!↓

f:id:namamono04:20170621233451p:plain

GPSトラッカーで取ってみた!(のスクリーンショット

 

ざっくりとは、高速で一気に福島西 → 磐梯吾妻スカイラインで凍える → 鷲倉温泉で温まる → 猪苗代湖を眺めつつ~の南下→県道いや険道235を堪能! → 下道で一気に栃木入り → 霧降高原道路を快走! → 日光から高速で帰路 

 

そんな感じ!

 

出発から帰宅までの総距離は630kmほど!(高速も含む)

 

今日はそんな一日を振り返るブログ! いってみよ~~~!

 

 

 

【 しゅ~~ご~~~ 】

はい!集合!  5時30分 某ローソン! 

f:id:namamono04:20170621233535j:plain

こんかいも、ぼっちさん主催「はてなブログツーリング」でおなじSS集団 D班でご一緒させてもらった はやとぅ さん!

 

レイヤー化されたカウルがカッコいい!!

事前にルートは教えてもらっていたので、軽く打ち合わせとインカムのペアリングをして出発準備!!

 

前回のツーリングの前日に初めてインカムを手に入れて、今回は使用2回目!

前回はインカムの先輩・Akiさんにペアリングを丸投げするっという主催者の風上にも置けない態度で臨んだなまものですが、今回はビーコムさんとのお見合いっということで前もって予習済み! 

 

無事に開線していざ出発!!

やっぱインカム便利やわ~

 

そんではさっそく! ばびゅーーーんっと高速! 牛くさい那須高原SA

f:id:namamono04:20170621233553j:plain

牛とか家畜臭すぎて草www

那須高原ってちょっとオサレな響きなのに、現実はあまりに現実的。

 

サービスエリア、この時点で結構な疲れ具合だった2人を癒してくれることはなかった・・・w

 

はやとぅさんも書かれてましたが、高速降りるまでで約250km、その途中の段階のSAでもわりと疲れるもんですな~

 

なんだかんだとインカムでしゃべりながら、お目当て磐梯吾妻スカイライン!」 

言わずと知れたライダーに大人気のツーリング道路!

f:id:namamono04:20170621233611j:plain

「高湯温泉の立ち寄り湯」なんていうあまりに「それ魅力」なポイントに後ろ髪を引かれるなか、断腸の思いでスルー!

定番なつばくろの橋!

 

写真をおさめたら、いよいよあの景色の世界へ!! 

 

 

でん!! 

f:id:namamono04:20170621233634j:plain

荒涼たる景色!! 昔、初めて来たとき、「ほんま日本じゃないみたいっ!!」って、ものごっそいテンション上がったことを鮮明に覚えてるけど、やっぱり今日も、思わずそう言ってしまういい景色!!

インカムで盛り上がって、駐停車禁止区間を過ぎたらすぐさま一枚!!

 

実は土曜にするか日曜にするかで、直前まで相談しながら悩んでたんですか、この日・日曜日を選んでくれたはやとぅさんに大感謝!! (^^)

 

 

そのまま標高を上げて浄土平レストハウス! 

f:id:namamono04:20170621233656j:plain

ほんまにいい天気!

 

なのですが~・・・

風が強い!! けっこう強い! 

 そうすっと、標高が高いってことはそう・・・

 

えっらい、寒かった!!!

そうなるともう、

これはもう温泉しかないっしょ!! 

 

 

事前に調べてたカンジでは、やっぱり泉質的に興味がわくのは磐梯吾妻スカイライン周辺の温泉! なんたって硫黄泉が多い!!

 

持参した温泉本数冊を取り出し作戦会議! (温泉本はビニ本ではありませんよ!! ぼっちさん・はやとぅさんwww)

 

 

いくつかの候補の中から、あえてここは行ったことのない温泉!

 

2つの源泉を持つってところに惹かれて選んびました!

【 鷲倉温泉 高原旅館 】

f:id:namamono04:20170621233739j:plain

スカイラインから降りて来たとはいえ、まだまだ標高は高く1200m以上。敷地の建屋の後ろに源泉があるのか近づくと蒸気がみえるのが温泉気分を盛り上げてくれる!(^^) 

 

立ち寄り湯は10時から可能なのですが、その10時きっかりに到着!! 冷えた体を温めましょ~ってことで、ツーリングの序盤も序盤から温泉!!(^^)

 

 

ここ鷲倉温泉は自分もたまに選んで立ち寄ったりする、「日本秘湯を守る会」の会員宿。目印の提灯がお出迎え! 

f:id:namamono04:20170621233801j:plain

秘湯を守る会、朝日旅行が作っていたりとお金の匂いがしなくもないなんていうように思わなくもないんですが(あくまで個人的な意見ですよ?w)、コレクション的なノリで選んでいくのもアリなんじゃないかと(^^)

 

なんだかんだ、そこそこの数に行ってます。

 

800円でお湯をいただきます! ここ、文字の入ったタオルも付けてくれました!

たまにお土産的に温泉名の入ったタオルを買って帰ることもあるなまもの的には嬉しかったり!

 

建屋の中に有る内湯は、硫化水素臭がほんのわずかに香るお湯! 無色透明な湯の中に、細かく白い湯の華も舞う硫黄泉らしい温泉! 温泉に来たなーって気分!

 

建屋の温泉の方の内湯は熱めで、磐梯吾妻スカイラインで冷えた手足がジンジン! あったまる!

で内湯から、露天風呂へ! こっちは、標高が高いことを存分に感じる涼しさ! お湯の温度もほんのり暖かい! ついつい長湯したくなるお湯ですな!

 

ひとしきり内湯を楽しんだら、こんどは別の源泉を楽しみに行く! いったん服を着たら、受付を通り過ぎて含鉄源泉の湯!

 

スリッパで露天オンリーの湯舟に!

f:id:namamono04:20170621233845j:plain

 緑のなかの温泉を楽しめます!

 

意外と見かけることの無い飲泉も出来るってよ! ほかの温泉ガチ勢っぽいお客さんも嬉しそうに飲んでましたw 

f:id:namamono04:20170621233908j:plain

こっちの温泉は、赤みがかって少し濁ったお湯! 成分表にもあるようにアルミイオンそして鉄イオンが入ってて、飲泉をしても鉄とか渋みのある温泉(^^)

お湯の温度もそこそこでこっちも長湯できそう!

入っては無いですが家族風呂もあって、長湯もできそうで、泊まったら星空も楽しめそうでいいかもですね~

 

後にする頃にはけっこうな数の立ち寄り湯の客も来ていてちょいビックリ!

人気なんでしょうね(^^)

 

2つも源泉を楽しんで、コーヒー牛乳もバッチリきめたら出発!!

 

鷲倉温泉 (イ)

  • 泉質    単純硫黄泉〔硫化水素型〕 (低張性弱酸性高温泉)
  • 源泉温度  69.0℃
  • pH     5.8
  • 主な陽イオン カルシウムイオン・アンモニウムイオン
  • 主な陰イオン 炭酸水素イオン・硫酸イオン
  • ガス成分   二酸化炭素硫化水素
  • 成分総計   0.195 g/kg 
  • ドライヤー    有り
  • 石鹸/シャンプー あり/あり
  • 立ち寄り湯時間 10時~15時
  • 露天風呂    あり

 

鷲倉温泉  露天風呂

  • 泉質    酸性・含鉄(Ⅱ・Ⅲ)-アルミニウム-硫酸塩泉(低張性酸性高温泉)
  • 源泉温度  60.2℃
  • pH     2.7
  • 主な陽イオン Alイオン・Caイオン・Mgイオン・Fe(Ⅱ)イオン
  • 主な陰イオン 硫酸イオン・硫酸水素イオン
  • ガス成分   
  • 成分総計   1.26 g/kg 
  • ドライヤー   なし
  • 石鹸/シャンプー なし/なし
  • 立ち寄り湯時間 10時~15時
  • 露天風呂    あり

 

 

 【 晴れの猪苗代湖

 温泉を出たら標高を一気に下げていきますよ~

お湯であったまったこともあって、ようやく寒くないツーリング!

 

そして来ました、猪苗代湖

ほんま曇りのED(えらくどんより)猪苗代湖しか見たことなかったんで、「ここは南国か?」って思わせるほどに目に鮮やかな猪苗代湖

本気を出したやつはすごかった!!

f:id:namamono04:20170621233935j:plain

 綿密なる神プランを組んでくれた、はやとぅさん、「マジ神ってるッス」

いや~冗談抜きでほんとありがとうございます!(>_<)

 

はやとぅさんもあまりの景色にテンションが上がって、波と戯れていましたねw 

f:id:namamono04:20170621234024j:plain

 

 

f:id:namamono04:20170621234049j:plain

【 やっぱ酷道険道っしょ?! 】 

 「なまものさんとツーリングに行くなら、酷道を組み込まなくっちゃ(使命感)」っと思ってくださったらしく、今回もバッチリ細いセンターラインの無いクネクネ道を組み込んどいてくれてました!

 

その道は・・・r235!

f:id:namamono04:20170621234131j:plain

これはもうこの日1・2を争ういい道でした!

2位は霧降高原道路かな!

 

細いしクネクネしてるけどたまにブラインドじゃなく! そして何より、路面がキレイ!!

クネクネ細いのに安心して走れる! これはイイ!!

 

はやとぅさん、冗談のように「路面が奇麗くてすいません」なんておっしゃってましたが、路面が奇麗なのに舗装林道だなんてサイコー中のサイコーですよ! ほんと、これまた神プランでありがとうです! 

 

ここからググっと南下して、下道栃木入り! 

県境を前に1日1ソフトの儀を済ませて、エネルギーを注入したら、

f:id:namamono04:20170621234159j:plain

 

霧降高原道路!! 

ほっとんど写真は無いけどね~www

 

こっちは対向2車線! あれっ? 今日は平日???! って思うほどに車もバイクも少なくて、存分に楽しめました!

舗装林道とは違う速度域で、でも気持ちよく倒せるぐらいのカーブ! 楽しすぎて停まるヒマもなく、一気に頂上!

f:id:namamono04:20170621234230j:plain

時間的にここいらで今日のツーリングの下道は終了!

はやとぅさん、最後に霧降までルートを伸ばしていただいてありがとうございました! 

 

まじで最後まで神プランで、感謝しきれないっす!

 

峠からの景色を眺めて~

f:id:namamono04:20170621234304j:plain

本日も、

しゅ~~~~りょ~~~~~~~!!

じゃーーーん! 

 

っま、ここ日光から家までも、高速とは言え十分な距離が残ってるんですがね!(^^;

 家に帰るまでがツーリング!でした!

 

劇的ストーリー!! 3年目連続のレッドブルエアレース観戦記!

 

今年も開催!

レッドブル・エアレース 千葉大会!!

 

世界選手権として世界を転戦して年間ランキングを争う、空のF1と呼ばれるモータースポーツ! プロペラ機が超絶なスピードで旋回・ターンしながらコースを飛びタイムを競う競技。

 

そんな大会に日本人、室屋選手が参戦中!

当然、注目は室屋選手!

 

3年連続の日本・千葉での開催となる今年も行ってきました! 

なんだかんだで3年連続見に行ってることになりますね(^^;

f:id:namamono04:20170607193109j:plain

でも実は、このエアレース、そうそう毎年毎年、開催地になるとは限らず、3年連続なんてむしろ珍しいことだ、なんてこともどこかで見た気もします。

 

 

そんな、去年、おととしの日記はコッチ↓ 

namamono04.hatenablog.com

namamono04.hatenablog.com

 

去年は、劇的!!

室屋選手の自身初優勝で幕を閉じた千葉大会!

 

 

今年、2017年シーズン、第3戦としての開催の千葉大会。

 

室屋選手、

今年は前の第2戦で優勝を果たしての凱旋と、いい流れ! 

しかも前日の予選では4位!

さて今年は?!

 

 

去年の千葉大会の優勝もあって、

「期待しすぎちゃいけない!」って解ってても、いやがおうにも期待しちゃう!(>_<)

 

 

 

で! そんな今年の大会、先に言ってしまうと、

昨年以上の、劇的な・ストーリーの濃い! 圧倒的な展開!!

すごい流れでした!

 

そんな、2017 RedBull Air Race in Chiba!

 

今日はそんなブログ・観戦記!行ってみよ~!

 

 

 

【 日曜決勝 ラウンド オブ 14 】

 今年は、決勝日のみの観戦!

会場の浜に到着! いい天気!

f:id:namamono04:20170607193131j:plain

海の上に設定された、千葉大会のコース。

エアレースでは、空気で膨らませたパイロンの間や周りをプロペラ機が飛んでいきます!

 

 千葉ではそのパイロンが海上に設置。海岸に沿うコースを飛行機がスタート時で、約370 km/hで飛んでいく! その姿は見てるだけでもテンションが上がる!(^^)

 

 ちなみにエンジンは、空冷・水平対向6気筒の9,000cc

回転数はMax 2,700rpmに制限されているらしいです。

 

 

さて、ブログ主、なまもの、4月まで千葉に住んでいたので知ってはいるのですが、そして、野球好きの人で千葉マリンスタジアムっと言えば思いつくかもしれませんが、

 

千葉・幕張の海岸は風が強い!!

 

 

この日も風は強く、いかにも飛行に影響しそう!

 

そして、この風が、のちのちの劇的な展開を生んだのでした!

(っと素人なまものは解釈してますwww)

 

 

いよいよ決勝の時間が近づく!

ラリーでいう所の、ゼロCar、コースの安全チェックを行う飛行が開始!

f:id:namamono04:20170607193156j:plain

奇麗なスモークを引きながら、パイロンを抜けていくチェック飛行の機体! 

 

バーティカルターン(縦の180°ターン)

f:id:namamono04:20170607193218j:plain

決勝に向けての期待とテンションもUp Up!! 

 

青空が広がる中、いよいよ決勝スタート!! 

f:id:namamono04:20170607193248j:plain

 

 

ここで大会のフォーマットを書くと、レッドブルエアレースは全戦を通して3ラウンドで優勝を争う仕組み! その流れは、

 

  • 「ラウンド・オブ・14」 ここでは14人のパイロットが前日の予選タイムをもとにした組み合わせで、1対1でタイムアタック! 予選タイムの遅い選手が先、早い選手が後攻で飛んで、タイムの速い選手が勝ち上がり!
 
  • 「ラウンド・オブ・8」 7人の勝ち上がった選手+ラウンド・オブ・14で敗れた選手のうち最もタイムの速かった選手(= Fastest Loosere) が、14の結果をもとにして再び1対1のマッチアップ! 4人が勝ち上がり!   (そして、このファステスト・ルーザーがこの大会効いてきます!)
 
  • 「ファイナル・4」 最後のステージ! 勝ち上がった4人がそれぞれ飛んで、そのタイムの順で表彰台・優勝が決定!
 
そんな流れで順位が決まっていきます!

 

そして、タイムで競うフォーマット、当然、ペナルティーなんかもありまして
 
パイロンヒットで+3秒、パイロン間を通過するときに機体が前後左右に水平になっていないと+2秒、スモークが出ていないと+1秒、10G以上の力が(0.6秒)以上かかるとオーバーGで失格・・・などなど。
 
そして、このタイムペナルティー・・・ 今年の千葉大会でも大いに効いてくる展開となる!
 
 
“ 千葉特有の強風 ” と “ タイムペナルティー ” を伏線に頭に入れておいてもらって、この日の大会を、ラウンド・オブ・14から!!
 

 

 

 

その最初、ラウンド・オブ・14が開始!

 最初の組の対戦が始まる! 

そして、さっきまでのチェック飛行とは明らかに違うスピード感!

f:id:namamono04:20170607193308j:plain

やっぱカッチョイイ!!! 

飛行機って見てるとなんでこんなにテンション上がるんやろうってほど! 男の子ですからね、動く乗り物が好き!

 

 

 

ラウンド・オブ・14  2組目! いよいよ室屋選手が登場する組み合わせ! 予選でタイムの速かった室屋選手は後攻。

 

対戦相手のペトル・コプシュテイン選手からタイムアタック開始!

他の選手の機体とは違う、ユニークなデザインの翼! まるでスノボードのデザインみたい?! 

f:id:namamono04:20170607193330j:plain

なかなか良さげなフライトでタイムをまとめて来たコプシュテイン選手。

そのタイムは遠めに見える会場のスクリーンを双眼鏡で見ると、タイムは55秒5~6ぐらい? っと見える・・・

 

前日に行われた予選と照らし合わせてみても、早くて54秒台、遅いと56秒台っというのが相場だったことを思うと・・・

 

「これ、そこそこにいいタイムなんじゃない?!」

 

開催地は日本・千葉、当然のことながら母国開催な室屋選手を応援する人たちが圧倒的多数の会場内。ちょっとばかし、「大丈夫やろうか」っという空気が広がるのを感じる・・・(>_<)

先攻の利を生かしてプレッシャーをかけて来ました!

 

 

 

時間を置かず、後攻・室屋選手の出番!

 

ドキドキが広がる空を、飛びぬけていきます。エンジン音が近づくにつれて、見ているこっちの鼓動まで早くなってくる! こっちまで緊張してくる!!www

 

 

スタートゲートが近づいてきて、

 

「スモーク・オン!!!」

f:id:namamono04:20170607193354j:plain

「出てる!!! 今年はバッチリ! スモーク出てる !!!」

 

スタート前の会場に、まずは安堵感が広がる。その感じが隣の人・前・後ろの人からも伝わってくる!!!

なにせ、去年の大会では、このラウンド・オブ・14で、スモークの装置の不調でスモークが出ず!! なんと、1秒のタイムペナルティーを食らった!

 

 

それでも勝ち上がったわけですが、それを知っている観客からは、

「まずはスモークが出た!」ってことですら安心材料!w 安堵感が広がるわけで!

 

 

いよいよ、スタート/ゴールゲートを通過してタイムアタック開始!!!

場内放送もヒートアップ! 観客も祈るような目で空を見上げ、機体を、その挙動を追う!!

f:id:namamono04:20170607193420j:plain

「これはなかなかいいか?!」

 「いや中間計測は?!」

 

 

ドキドキしながら遠め目のスクリーンを見る・・・

 

「赤だっ!! (x_x)」 負けてるっ!

 

 

レースでは途中経過も楽しめるように中間計測があって、それがコース映像の端に表示されるんですが、それが対戦相手に勝っていると緑で、負けていると赤で、そのタイム差とともに示されます。

 

遠目やからタイム差は分からないものの、赤ってことは現時点で負けてるってこと! 

でもまだ、一つ目の計測点、縦180°をひとつ終えたばかり!

 

月並みな言葉以上に本当の意味で「勝負はここから!」

 

3連続パイロンのシケインにゲート7の大きく回り込む水平180°ターンが勝負どころ!!

 

どうだっ!!!

 

・・・

 

まだ赤だ!!! :(;゙゚'ω゚'):

 

祈る!食い入るように見る! 会場の視線が、自分の視線がクギ付けになる中、フライトはつづく!

 

大きなミスやふらつき慌てた感も、風のあおりも無いように見える! ライン取りも無理はなさそう!! オーバーGも無い!

 

つぎの計測!! 祈れっ!!

 

・・・

 

 

 

キタッ!! 緑やっ! ( >д<)

f:id:namamono04:20170607193443j:plain

ここで逆転!! 

 

タイム差は分からないけど終盤にきて逆転したよう! いけるか? 勝ち上がり?!

最初のステージでは終わってほしくない!!

 

最後の山場、2回目の上方宙返り、180°バーティカルターンをクリア!!

 

そして、ゴールを飛びぬける!!

 

タイムは?! タイムはどうなった?!!!!!

 

会場が、スクリーンと場内放送を待つ! ヒリヒリした空気感が支配・・・

幕張の海岸に一瞬の間が広がる・・・

 

 

そして・・・

 

 

 

 

キターーーーーッ!!!

緑の掲示!!! ヽ(゚∀゚)ノ

 

勝ち上がり!! 勝利ですよ勝利!!

 

コプシュテイン選手のタイムとそして母国開催のプレッシャーを跳ね返して、まずはラウンド・オブ・14 勝ち上がり!

 

終わってみれば、

室屋選手 ; 55.590秒

コプシュテイン選手 ; 55.597秒

 

その差は、なんとわずか 0.007秒

 

この差、距離にするたったの70cm!!!!とのこと!

 

なんとも際どく激しいマッチアップの末の勝利

 

後からの室屋選手のコメントによると「自分が遅かったのではなく、コプシュテイン選手がいいフライトをした」。

 

それも頷けるのが、そのコプシュテイン選手のタイム、ラウンド・オブ・14で6番目の速さ! そう、堂々のファステスト・ルーザー=最速の敗者だったという事実。

 

14の中でも高いレベルの中での勝負だったってこと!

 

結果、室屋選手・コプシュテイン選手がともにラウンド・オブ・8へと駒を進めることになったのでした!

 

そのあとも続く、1stステージの戦い。14ではあまりペナルティーが出ることは無く、そして順当に、予選で早かった選手の方が勝ち上がって、8人が決定! 次のステージへ!

 

 

 

14と8の間には時間が少しあって、モーターパラグライダーとか水上パフォーマンスがありーの、展示飛行があってっと、そのあたりを楽しみながら、今度はラウンド・オブ・8です!

f:id:namamono04:20170607193506j:plain

 

 

【 風がその存在感を示し始めた、ラウンド・オブ・8 】

 迎えたラウンド・オブ・8

ラウンド・オブ・14から時間が経過して明らかに風が強くなっている!

 

8の最初のチャレンジャーは室屋選手!

 

が、その直前にも風で煽られたバーティカルターンのパイロンの一つが倒されてしまい修復作業に入る。パイロン調子が悪い?

 

上空で待機に入っていた室屋選手、待機時間が長くなったんじゃないか?

「これでリズムが崩れたりしないか?」

そんな不安が頭をよぎる・・・

 

 

変わり始めたコンディションの中、ラウンド・オブ・8 スタート!!

 

室屋選手の機体がアプローチラインに入る!

 

そして、

 

スモーク・オン!!

f:id:namamono04:20170607193535j:plain

よし!! 今回もスモークはOK!! 今年はそのトラブルは無さそう!!! 

 

室屋選手、スタートを切る!!

f:id:namamono04:20170607193604j:plain

14の時と比べてパイロンが風で押されて曲がっている・・・

 

 フラつき、操舵の修正はあるか?

 

バーティカルターン・シケインっと機体が疾走! オーバーGでのDNFは無さそうっ!

f:id:namamono04:20170607193627j:plain

今回は先攻の室屋さん。 タイム差の赤・緑は掲示されない。

 

自分から最も遠い場所・ゲート7を通過・・・ ここから大きく右ターン・・・

 

 

って、んんっ! 機体が揺れる! 慌ただしい操舵が入った?!!!

 

コース上では海から陸側へと風が吹いている。

その強くなってきた風に進路を乱されたのか、やや陸側から海側へと進路を修正したように見えた機体。

 

挙動の乱れに、周りの観客からもどよめきが起きる。

 

「今のは大丈夫だったか・・・?」

 

パイロンヒットはしていない。

が、どうだ、パイロン通過の時、前後左右の水平は取れていただろうか?

 

ペナルティー? そんな不安が頭をよぎる・・・

f:id:namamono04:20170607193650j:plain

 

そして不安は的中してしまうことに・・・ (;_;)

 

インコレクト・レベル!

機体が10°以上傾いた状態でパイロン通過!

ペナルティー2秒!!!

 

スクリーンに赤字が表示される!

 

落胆とため息のような空気が広がる会場。

あからさま会場の空気感が変わる、それが手に取るように感じられる・・・

 

ある意味、一体感www

 

それでも、フィニッシュまでは持って行かないと!

 

今日は、風が強い!!

ありふれた言葉ながら、なにが起きるか分からない!!

 

それ以上のペナルティーは無くフィニッシュ!

タイムは、56.964秒!

レースにタラレバは無い・・・が、ペナルティーの2秒が無ければ54秒台・・・

 

風が強まる中、55.590だった14からタイムを上げてきていたのに残念(>_<)

 

これは、きまってしまったか?

55秒前後のコース設定のなか、2秒はイタイ!

 

そんなフライトを受けて、後攻;マット・ホール選手のフライトが始まる。

 

彼のラウンド・オブ・14でのタイムは55.459秒。室屋選手の14より好タイムで上がってきている。しかも2秒のペナルティー。 安全に飛べばほぼ確実に勝ち上がれてしまう・・・

 

スモーク・オンッ!

 f:id:namamono04:20170607193709j:plain

 奇麗にまとめて行くように飛ぶ青い機体。

遠いながらに見えるスクリーンは、当然ながら緑掲示

 マット・ホール選手リード!

f:id:namamono04:20170607193734j:plain

雲が広がり始め、光量が落ちて来た空をバックに順調なフライト!

 

「さすがにペナルティーが有ってはムリか・・・」

 

そしてフィニッシュ!! 

 

 

それでも遠目に見えるスクリーンを双眼鏡で覗く・・・

 

緑掲示・・・

・・・

んっ・・・ぬ? オレンジ?

 

オレンジ色の表示、意味するところは?

 

Under Review ・・・そう「審議中」

 

いったい?!

 

しばしの沈黙・・・ ヒリヒリ・・・

 

そして・・・

 

赤の表示!! +2秒のタイムペナルティー!

そう対戦相手マット・ホール選手にも同じく2秒のペナルティーが出た!!

 

それはつまりその瞬間、室屋選手の勝ち上がりが決まったということ!

まさかの逆転勝利で決勝進出!

 

完全に諦めモードに入っていた観客席。一瞬、何が起きたのか理解できず、リアクションが遅れる。もちろん自分もwww 

「・・・???」っという感じ(^^;)

 

でもワンテンポ置いて勝利を知り、弾けたように歓喜の声が上がる! 笑顔が乱れ飛ぶ! 予想だにしない形ながら、再び会場に熱が戻ってきた!!

 

どうやら、最後の最後のバーティカルターンへのパイロン通過時、水平でなく上昇しながら入って行ってしまったよう。

 

ほんと、何があるか分からんもんです!

 

 

こんな感じで始まったラウンド・オブ・8、

終わってみれば8人中2人が+2秒ペナルティー、2人がオーバーGでの失格。

風が強くなったためか、14と違い攻めた戦略に出たのか、すこし荒れた展開。

 

とんだラッキーもあっての勝ち上がりでFinal 4進出です! 

 

 

 

【 役者がそろったFinal 4!! 】

いよいよやってきました Final 4!!

 

ラウンド・オブ・8からはほとんど時間をおかず始まる決勝!

ここでは1対1でなく4人が飛んでそれぞれのタイムで順位が決まる。

 

そのFinalのコンディション、

 

日も雲で陰って、しかも、あからさまに、風が強くなってる! そのうえ、風向きも少し変わって完全に横方向からの強風。

これは、なかなかタイムをまとめ難そうなコンディション(丁寧な前フリ!ww)

 

はたしてどうなるか?

 

 

そのFinal 4、進出した選手はというと、

 

「2番飛行 ペトル・コプシュテイン選手」

あれ?!っと思いました? そう、ラウンド・オブ・14で室屋選手と対戦した14のファステスト・ルーザー。8に勝ち上がった最速の敗者は、そこでは勝利! Final 4 へと駒を進めてきたのでした。

そう思うと、0.007秒差だった初戦がいかに激しい戦いだったとうのがうかがい知れる。

Rn.⑭ 55.597秒 Rn.⑧ 55.732秒

 

 

「3番飛行 マティアス・ドルダラー選手」

昨年の年間チャンピオン・そして今シーズンも2戦ともFinal 4へと進出している強敵!!

室屋選手が優勝した今年の第2戦では、先に飛んでタイムを残した室屋選手を追うも、攻めすぎたかパイロンヒットでタイムペナルティー。そんな前戦からの流れを汲んでしまっている相手。ストーリーが繋がりすぎている!!!

 Rn.⑭ 55.805 秒 Rn.⑧ 55.333 秒

 

 

「4番飛行 マルティン・ソンカ選手」

今年の2戦終了時点でのポイントリーダー! 今シーズン1勝。これまた強敵!

タイムで見れば圧倒的に安定していて且つ早い! 今日も2本とも54秒台とノリにノッている! 持ちタイムで言えば圧勝、思うに優勝候補の筆頭!

 ドルダラー選手が今年の因縁なら、ソンカ選手はある意味去年からの因縁!

去年の千葉大会のFinal 4。 2番目で飛んだ室屋選手のタイムに、4番目のフライトで挑んだソンカ選手。中間計測までリードするも最後の最後のバーティカルターンで逆転され2位に終わっていた。優勝は室屋選手。

やっぱりこちらもストーリーが繋がりすぎている!

年間ランキングの面からも、今年こそはっと燃えているハズ?!

Rn.⑭ 54.787 秒 Rn.⑧ 54.900 秒

 

 

そして1番目に飛ぶのが我らが

「室屋 義秀 選手」

ぎりぎりのタイム差だったラウンド・オブ・14、ペナルティーも有って薄氷を踏むような勝利だったラウンド・オブ・8。

千葉大会2連覇と、今シーズン2連勝を目指し、プレッシャーのかかる母国・日本千葉大会を勝ち上がってきた!

Rn.⑭ 55.590 秒 Rn.⑧ 56.964 秒(ペナルティー2秒)

 

 

 

昨年の勝者 母国の室屋、敗退から一転の最速の敗者 コプシュテイン、昨年のチャンピオンドルダラー、今シーズンランキングトップ ソンカ・・・

 

こうやって並べると、トーリーも含めて、役者が揃った!! とういう印象の決勝 Final 4!! 出来すぎちゃう?!www

こっちまで緊張するわ!!

 

 

出番が近づく。 ついつい息を詰めて見入ってしまうし、会場も同じ雰囲気。

アプローチラインに入った室屋選手。

そして「スモーク・オン!!」

f:id:namamono04:20170613012432j:plain

よっしゃ!! 今年はスモーク出ずにのペナルティーは無い!! まずはひとつクリア!

 

ゲート前の最後のアプローチ。小さくラインを変えてゲートへ!

風が強くなる中、いよいよ室屋選手 スタート!!

f:id:namamono04:20170607193818j:plain

ってか、パイロンが明らかに風で押されて曲がってるし・・・

機体から引かれたスモークも激しく流れて行ってて、風の強さがよくわかる。

 

決勝の最初の挑戦者。当然、基準タイムになるフライト。

いいタイムでプレッシャーをかけたいところやけど、8ではペナルティーももらってる。どう挑む?!

 

最初のバーティカルターン。しっかり水平を保って通過してから、一気に180°、上昇しながらの垂直ターン! 来た方向へと戻る!

f:id:namamono04:20170613012745j:plain

今日、2名がオーバーG で失格になっている箇所! どうやら問題なく通過!

 

シケイン・・・スムーズか・・・

問題のラウンド・オブ・8でペナのゲート7、ここが鬼門!!・・・ 安全に行った?

 

水平ターンでまたまた来た方向へ折り返し!

自分が見ている方へと緑・青のファルケンカラーの機体が帰ってくる。

「やっぱりスモークの流れが速い!」 海風で陸側へと流れるスモーク。その動きは8までと比べても速くなっている。 その影響か? やや風でスライドしたように見える・・・

 

シケイン、そして最後の垂直ターン・・・

奇麗にまとめて来た?!(^^) 

f:id:namamono04:20170607193847j:plain

そしてフィニッシュ!!

 

気になるタイム! ペナルティーは?? 

・・・

 

「ペナルティー無し!! 55.2~3 秒ぐらい?!」

遠目なので双眼鏡でぱっと見ではハッキリとは分からなかったものの、55秒前半のよう!

 

「ソンカ選手のタイムを考えると、欲を言えば54秒台がほしかったけど、まったくもって悪く無い・・・ 表彰台は行けそうか?!!」

そんな印象!!(>_<) 

 

正確には55.288秒だった。

 

あとは他の選手の結果を待つのみ!

一人でも室屋選手が上回れば表彰台が確定する!!

 

 

会場中の視線が、続くコプシュテイン選手に向けられる!

f:id:namamono04:20170607193757j:plain 

スクリーンの中間計測を気にしながらの観戦!

安定して飛んでいるように見える機体。その翼のカラーリングとは裏腹に派手さをなくし纏めてきているように見える・・・

 

遠目に見るタイム差を示すその色はどうだ?!

 

中間計測、そこには赤が並んでいく・・・

 

そして、フィニッシュ!

 

最後も赤!!! 室屋選手が上回った!

55.846秒

 

この時点で室屋さん、表彰台確定!!

当然、それを理解している会場! どっと沸き立つ!!

「ことしも結果が残ったぞ!」 

 

 

時間を置かず、ドルダラー選手がスタート!!

f:id:namamono04:20170607193913j:plain

強敵・ワールドチャンピオン! 全戦Final 4 進出中!

 

スタート直後の中間計測・・・ 緑! 室屋、負けてる~(>_<)

 

ゲート7を折り返して、2回目の中間計測・・・ 緑!!  アカン!!

 

折り返した機体がこちらへと向かってくる! 少し修正が多いような挙動?!

 

シケインを抜け、最後の2度目の垂直180°、バーティカルターンへ・・・

 

ターンを・・・

 

・・・

 

「うわぁーーーーー!!」

 

どよめく会場!! 

 

ちぎれたエアゲート=パイロン!!

 

そう、パイロンヒット!!! 3秒ペナルティー!!

f:id:namamono04:20170607193940j:plain

第2戦でも、室屋を追ってパイロンヒットをかましたドルダラー選手、

第3戦の 千葉でも、まさかのパイロンヒット!!

2戦連続の似た展開!!

 いや、ストーリーが繋がりすぎ!! なにその展開!!

なにはともあれ、これで優勝戦線からは離脱!

オーバーGなく決めるも、タイムは57.943秒!

室屋選手とのタイム差 +2.655!!

 

ペナルティーが無ければ勝てていた展開。でもタラレバは無し!

劇的展開で、2位以上確定!!!

 

切れたパイロンは、陸側・進行方向で右側のもの。

そしてその時の海面は、風で荒れて少し白波が出来そうなほど ↓

海側(左側)からの風は強い!

f:id:namamono04:20170607194009j:plain

やはり、風で陸側に進路がスライドしたのだろうか・・・? 

 

 とにもかくも室屋選手の暫定1位は変わらず! 最低2位以上確定!

最後の去年から続くストーリー、ソンカ選手の結果を待つのみ!!

 

パイロン修復を待って、ソンカ選手!スタート!

f:id:namamono04:20170607194038j:plain

今日、最後のフライト! もう祈るしかない!! 祈れ!!! 

 

最初のバーティカルターンの直前、1回目の中間計測・・・

 

タイム差は緑!!!(;_;)

 

シケインを越えていく!

f:id:namamono04:20170607194059j:plain

水平ターン180°グーンと力のこもったターンを見せて帰ってくる!

 

2回目の中間計測はどうなる?

表示は・・・?

 

スクリーンを見た瞬間に飛び込んできたのは・・・

 

ゲート4 ペナルティー +2秒!!!

Incorrect Level!!

 

 最初のバーティカルターンの後のゲートで、傾いて通過してしまったよう!

 

そのせいでタイム差が赤に転じる!!!!!

そう、室屋選手のリードにかわる!!

 

シケインを抜け機体が最後のバーティカルターンへと向かっていく!

会場の雰囲気が熱を帯びて変わっていく!

f:id:namamono04:20170607194125j:plain

そして・・・Finish!!!

 

タイム差表示・・・赤!!!!

 

 

ってことはそう!!

 

「勝った!!! 優勝!! 優勝や!」

いやもう言うまでもなく、会場は大はしゃぎ! 激熱の展開に大興奮!!

旗が振られ歓声が止まらない!

タイム差は、1.245秒の56.533秒!

2秒ペナルティーが無ければ、このコンディションの中で54.533秒の14よりも速いタイム!

 

改めて映し出されるFinal 4 の結果に対して、またまた大歓声と拍手・バンザイの手!

f:id:namamono04:20170613022711j:plain

2連覇 & 2連勝!!

こりゃもう、期待以上の結果!!

すごいよな・・・

 

1年前と同じく、幕張の海岸に流れる君が代

f:id:namamono04:20170607194206j:plain

表彰台の真ん中に立ってるよ・・・ 

 

まさか2年連続でこの光景を見れるとは思ってなかったし、

去年以上の劇的すぎる展開! なんせ、ストーリーが伏線が、前フリが、すごすぎる!

漫画かっ!! って突っ込みたくなるぐらいwww

 

おまけに、これで、年間ランキングも1位になったし!!

 

またスゲーもの見させてもらった(^^)

よかったよかった!

 

確かにラッキーもあったし、純粋な “速さ” だけでは負けていたかもしれない。

でも、“タイム” では負けていなかった。

 

コンディションの中で上手く纏めて勝つ、そこにはシーズン当初から言い続けている、総合優勝を取りに行くための “強さ” があって、結果として今回はそれが千葉大会優勝という形になったのかな、といったところでしょうか (^_^)

 

 

相変わらず運営体制には疑問が残るところも・・・ではあったけど、

来年もまた見れたらいいな~~~

f:id:namamono04:20170607194452j:plain

 

 

ってことで、またその日まで、

 

スモーク  オン!!!

 

 ※ 最後にRed Bull Air Race の公式HPの室屋さんのインタビュー記事ものっけておきます!(^^)

www.redbullairrace.com

CBR軍団で行く、はてブロつながりツーリング in 秩父・奥多摩!

 

暑い!! 炭酸がおいしい季節になってきましたね。

 

今年の夏は長期予報じゃ猛暑らしい。

冬が大っ嫌いで、夏好きな自分としてはかまやしませんが(^^;

 

すっかり春は過ぎ去りまして、「夏も近づく八十八夜」だって、とおに過ぎ去った、そんな今日この頃、いかがお過ごしですか?

※今年の八十八夜は5月2日っす

 

 

さてさて、この前の4月のぼっちさん主催「はてなブログツーリング」でご一緒させていただいた、

Akiさん (id:makkunakkun) 

タッケさん (id:bike-camera)

 

 

こんかい、このお二方とツーリングに行ってきました!(^^)

 

f:id:namamono04:20170525215036j:plain 

 

差し詰め、プチ「はてなブロガーツーリング」っといったところ?でしょうかね( ^ω^)

 

はてブロツーで Hideyoshi さんから頂いたHatena Blog Touring ステッカー!

2枚ともスイングアームに張らせていただきました!(^^)

f:id:namamono04:20170531192740j:plain

 

 

ってわけで、今日の記事はそんなブロガーつながりツーリング! 行ってみよ~~~!

 

 

 

【 どんなルート? 】

そんな今回のツーリング、僭越ながら幹事的な立場でルートを立てました(^^)

 

がっ!! 変態と名高き自分がルート案を作った結果、酷道・スパルタ・ロングツーリングになりました www 

 

ってわけで今回のお品書き!

 

  • 鎌北湖近辺に集合
  • 奥武蔵グリーンラインで顔振峠・飯盛峠・刈場坂峠
  • 大野峠を過ぎて白石峠
  • r172 → r273 → r361で 彩の国ふれあい牧場で1日1ソフトの儀
  • 天空のポピーで花を愛でる
  • r82 → r11 で定峰峠
  • 再度の白石峠・大野峠を経て、道の駅あしがくぼ
  • R299・R140 で滝沢ダム雁坂トンネルを経て雁坂みちで山梨入り
  • 塩山フルーツライン経由でR411大菩薩ライン→奥多摩湖
  • 奥多摩周遊道路(r206)→r33の檜原街道で最後のワインディング
  • 〆はやっぱり温泉! 立ち寄り温泉「瀬音の湯」

 

自分の場合、家 to 家での総距離450kmぐらい

うち下道は300kmぐらい?のスパルタ(?)ツーリング 

 

いちど出たら、心行くまで堪能しきりたい、そんな貧乏性丸出しの詰込みツーリング! あまり人には胸を張ってお勧めしがたいプランかも・・・

 

でも500キロは超えていないから・・・

 

 

ちなみに、このルート、ロクダボの慣らしで来た時のルートから距離を多少伸ばし観光を入れるアレンジした ルートでした(^^)

そんときの記事 ↓

namamono04.hatenablog.com

 

 

 

ルート前半戦 

 

後半戦 

 

 

 

【 ツーリングだよ 全員集合! 】  

 ハイ! 集合!!! 集合場所は鎌北湖近くのセブンイレブン

高速も使って一気に到達。

 

そう、時間どおりですよ!?

むしろ集合時間前なんですが、幹事が一番最後に到着www

はてブロツーの時にも思いましたが、皆さん早い!!(>_<)

 

 

まずはやっぱり集合写真で! もちろんバイクの!

f:id:namamono04:20170525215104j:plain

Akiさん、タッケさん、そしてなまもの、このメンバーの共通点。

 

それは、言わずもがなですね?!

 

・・・

 

「ブログを書くのが遅い!」

 

 

   

違いますよ!!! 

そう今回は期せずして「CBRツーリング」

CBRつながりでもあるんです!! 

 

Akiさん ; CBR1000RR SP

タッケさん; CBR400R

なまもの ; CBR600RR

 

到着するなりバイクを並べて写真タイムが始まるあたり、「みんな写真好きでブロガーやね~」なんて他人事のように思いながら自分も写真をパシャパシャ! ひとの事いえないw

 

 

簡単に今日のルートを説明してから、ミスルートを繰り返す頼りない自分を先頭にツーリングへLet's Go!!

 

 

 

【 ところでさ、インカム買ったんだ 】

今回のツーリング、幹事的な立場にある & 3人以上のツーリング ってことで、まえまえから欲しい欲しいと思っていたインカム!

ついに買っちゃいました!

 

ツーリングの前日にね!!www

 

 

「幹事ならもうちょっと前に買って、使い方ぐらい覚えてこいや!!」

 

ってご意見もありましょうが、

「Akiさんも同じ機種のインカムやし教えてもらお~」ってぐらいの幹事らしからぬ軽い気構えで行っちゃいましたwww

 

そんななまもの、買ったのは「SENA  20S」

f:id:namamono04:20170525215149j:plain

 

いろいろ迷ったようでそんなに考えずに買ったけど、迷った候補の対抗馬はやっぱりB+COM

 

ただ、上位機種としての比較としてセナの20Sの方が良さげに思ったんでこっち!

インプレ的なものはおいおい書くかも?!ですが(こういうこと書くとたいがい書かないw)、今回のツーリング、本当に買っておいて大正解でした!!

 

 

そうでなくとも、「走っている間はどうしたってソロ」なツーリング、ましてや今回は停まる時間よりも走る楽しみを優先したルート設定。

 

インカムが無かったら、その距離と酷道ゆえに申し訳なさが先に立ってしまうツーリングになったかも・・・(>_<)

 

 

ですが!! 走っている間も話が出来て盛り上がる!

 

そして実利的な面でも、センターラインの無い酷道を多く組み込んだルートがゆえ、

先導している自分がペースを作りつつも「対向車あり」「路面に段差あり」「浮き砂あり」なんて注意情報を前もって後ろの2人に流せるのが「幹事が捗る」ってわけで!!

 

トラブったときも休憩するか迷って意見を聞きたくなった時も、「ここいいカンジの道やから停まって写真を撮りたいな!」ってカメライダーらしいことを思った時も、意思疎通できるのがいい!

マジで今回、買っておいて心底よかったっと思うアイテムでした!

 

 

ちなみに、「その形状がゆえにベースがはみ出してヘルメットが水平に置けない」っていう意見をちょくちょく見る20Sですが、SHOEIのZ-7に取り付ける場合においてはそんなことは無く!でした。

 

っというのもそもそものZ-7の帽体のフチが湾曲しているんですね~ 

f:id:namamono04:20170525215213j:plain

それが幸いしてインカムのベースが下に飛び出ない、おかげで机にヘルメットを置いても浮いたり傾いたりしない。

これは嬉しい誤算でした(^^) 

 

 

【 奥武蔵グリーンライン ・顔振峠・刈場坂峠】

前置きがずいぶん長くなりましたが、ようやく本題、ツーリングへ出発! 

 

まずは鎌北湖!

f:id:namamono04:20170525215307j:plain

釣り人のたくさんいるダム湖! 

 

 あんまり迷惑にならないようにビミョーに気を使いつつ、険道前の写真タイム! 

f:id:namamono04:20170527194710j:plain

3台ならべてハイチーズ!

 

いざ出発、っという所で、お子さんを連れた、そして自身もライダーだと思われるお父さんが話しかけてくれました。

「どこに行くの~?」

「ここから上がって行って顔振峠なんかを目指します!」

 

微妙な顔をするお父さん・・・

「う~ん、リッターなんかだともてあますから、降りたR299の方がいいと思うよ~」

「なるほど~そうなんですね~(^^;」

 

・・・

 

ついつい白々しい返事でスイマセン!!

 

埼玉ナンバーじゃないからアドバイスをくださったんです。ほんと話しかけてくれて嬉しい!(^^)

 

でも、だからこそ、

「R299も知ってて、ココからの道を知ってて選んでいます」なんて言えない!

 

ましてや・・・

 

「まえ慣らしで来ました」なんてなおのこと、言えないwww

 

そりゃね・・・

走り出してすぐに、こんな(↓) 道ですから(^^;

f:id:namamono04:20170527194734j:plain

 

そっこうでミスルートなんかもかましつつ、一気に新緑の世界へ! 

f:id:namamono04:20170527194756j:plain

けっこう自転車での練習組もいて気はつかう道ですが、やっぱりこういう細いちょっとの緊張感のある道は好き(^^;

 

 

でもって顔振峠の茶屋! 

f:id:namamono04:20170527194823j:plain

ここのところ、来ている頻度が高い気がする(^^; 

 

今日もいい天気!! 遠くまで見渡せる、絶賛ツーリング日和!! 

f:id:namamono04:20170527194908j:plain

 

タッケさん発案のもと、少しずつずらして置いてハイチーズ! 

f:id:namamono04:20170527194952j:plain

さすがタッケさんで、構図に余念なし!

 

トリコロールのCBRに取り残された黒いうちのCBR・・・

醜いアヒルの子的な?! 

 

 

ここから先もまだまだ酷なカンジ! ご覧ののとおりの狭さと、時折やってくる荒れた道。 

f:id:namamono04:20170527195208j:plain

 

だけど新緑の奇麗さは目を見張るものがあって、 気持ちいい!!

f:id:namamono04:20170527195231j:plain

うちの「醜いアヒルの子」の黒いカウルにも緑が映り込んでキレイ! っと依怙贔屓w 

 

さくっと抜けて刈場坂峠!! 

f:id:namamono04:20170527195338j:plain

看板を読むタッケさん(^^; 

f:id:namamono04:20170527195257j:plain

なにか面白いこと書いてました?(^^)

 

ビニールシートを広げて団らんするツーリングおじさんたちもいる長閑な峠。

一呼吸おいてツーリング続行!

 

 

 

【 白石峠から遠回りでふれあい牧場 】

刈場坂峠を過ぎ、大野峠・白石峠。

そこから、「彩の国ふれあい牧場」を目指すなら定峰峠経由で行くのが近いんですが、いっぱい走りたい願望が強く出たプランニングの結果、白石峠からいったん下りを走って遠回り!

段差もあってちょっと「難あり」な道でした(>_<)

 

改めて思うと、雨上がりの慣らしツーで、上手いハイペースな人たちについて行ったのはどうかと、改めて思う・・・

 

そんなこんなで、牧場!!

1日1ソフトの儀を執り行い!!

f:id:namamono04:20170527195422j:plain

この日は暑くて、ソフト買う人だらけ! 一日の売り上げでいかほどなのか気になるほどバンバン売れてましたw 

 

そんなソフトを手に入れて牧場の景色を眺めつつの、 

f:id:namamono04:20170527195528j:plain

いただきます!!!! 

f:id:namamono04:20170527195449j:plain

むっちゃ牛乳の味が濃くてこれは美味かった!! 

 

暑くて我慢できず、Akiさんタッケさんを待てず一足先にパクついてしまったのは私です!

 

そして、

 

はやく食べたくて、バイクのキーを差しっぱなしでソフトを買いに行ったのも私ですwww

 

防犯意識低い系人間です・・・

 

 

 

【 天空のポピー 】

ふれあい牧場への上りでやたらと「ポピー開花中」なる看板が出ておりまして、プランニングの時点でもツーリングまっぷるに載っていて気になっていたポピー園。

 

今回の唯一とも言える観光スポット。バッチリ組み込んでおきましたよ!

 

さっきのキー差しっぱなし事件があったなまもの、

「今回はキーも取ったし、ヘルメットもロックした! マジ防犯意識高い系やから!!(^^)v」 ←前フリ

 

そう意気揚々と宣言し、ポピー園へ!

 

・・・

 

・・・・・・

 

園の入口の支払いを見て気づきました、

 

バイクに置いたジャケットのポケットに財布を入れっぱなしだった事を!!

 

マジ、防犯意識低い系人間・・・・(´・ω・`)

 

 

 

無事回収して、今度こそ意気揚々と園内へ!

f:id:namamono04:20170527195559j:plain

 

順々に咲かせていくため、咲いていないスペースもありましたが、 

f:id:namamono04:20170527195641j:plain

赤いポピーがキレイ! 見栄えのする景色!

なにより天気がイイことが最高の演出です!

 

やっぱり写真撮影に余念のないタッケさんを隠し撮り! もはや名物! 

f:id:namamono04:20170527195725j:plain

 

けっこう観光に来てる人も多かったやね! 

f:id:namamono04:20170527195704j:plain

 

時刻もお昼になっていい時間!

ついでにここでご飯も食べる!

 

ノンアルビールで乾杯のお二人! 自分はラムネ!

暑いですから!

炭酸がおいしい季節になりましたよね!

f:id:namamono04:20170527195814j:plain

 

いろいろ食べたけど、しゃもめしが美味しかった!

店のおっちゃん曰く「俺が育てたんや! おいしいぞ!」っとな。 

f:id:namamono04:20170527195846j:plain

こういう会場の出店は、地物がたくさんあるから食べ甲斐があるよね!

地元感あふれるおじさんから買っていただきます!

曰く、6月から高坂SAの下り(?)で売り出すらしいっすよ!(宣伝w) 

 

デザートもね! 

f:id:namamono04:20170527195909j:plain

 

おなかも満たしていざ出発!!

 

バイクに戻って気づきました・・・

 

・・・

 

インカムをヘルメットにつけったままだったことに・・・

 

 

ほんま、マジ、防犯意識低い系人間・・・( TДT)

無事、ヘルメットに付いたままでした。めでたしメデタシw

 

 

【 道の駅 あしがくぼ 】

ポピーからはR299・そして道の駅あしがくぼ へ! ここも敢えての酷道険道チョイス!

 

まずは定峰峠へ! r82 → r11

f:id:namamono04:20170527195937j:plain

ここはセンターは無いけど、走りやすい道! 

 

定峰峠について~ 

f:id:namamono04:20170527200000j:plain

 

 

さらに南下!

 

再びの白石峠・大野峠を走り、大野峠から「あしがくぼ」へ降りる道へ! 

f:id:namamono04:20170527200025j:plain

 

・・・

 

いや~~ ここは(^^; かなり荒れてました・・・

ちょっと導いてきてスイマセン、っと思いつつなレベル(>_<) 

f:id:namamono04:20170527200047j:plain

でも、緑は相変わらずキレイでしたから、

許してください、なんでもしますから! 

 

 

そんなこんなで着いたあしがくぼ!

着くなり話しかけて来てくれたおじいさん。

乗って来た車とか、バブル時代の話とか、いろいろ話し込んだあと、おじいさん、おすすめの食べものを奢ってくれました!

「たらし焼き」っとな?! お好み焼き風の、でもそれよりモッチリした生地の小腹が満たせるかんじのん。強力粉かな?

f:id:namamono04:20170527200114j:plain

 

 【 R140 → R411 → 奥多摩周遊道路 → 檜原街道 】

 ここからは、今までの酷道ツーリングからは一転!

2車線の走りやすい心地いいツーリングルート!

 

R140・雁坂トンネルで山梨入り→フルーツラインR411で大菩薩ラインを堪能→ 奥多摩周遊道路をネリネリ → 檜原街道でラストワインディング!

 

後半は疲れも出るし、走りやすい道で構成!

 

まぁ、

 

後半の方が圧倒的に長い距離なわけでしたが(^^;

 

そして、周遊道路の19時までという時間制限のため、写真は無し!www

走り続けました!

一気に到着(文字で書くと一瞬なのが切ないw)、奥多摩周遊道路の月夜見の駐車場!

ここまでの上りで、結構いいかんじにタイヤがあったまった&削れました! でも、同じペースなハズのAkiさんのほうがずっと奇麗に端まで接地してるし、フロントタイヤに至ってはその差は歴然・・・

 

f:id:namamono04:20170527200145j:plain

いいんです・・・

アマリング=安全係数ですから(震え声) 

 

なんか自分、圧倒的にフロントが減らないんですよね・・・

リア依存?! 突っ込んでないと言えばそう。

荷重を掛けれてない・・・ まぁいいや・・・

 

夕日が奇麗でしたから(^^)

f:id:namamono04:20170527200225j:plain

ツーリングの終わりの哀愁を感じつつ・・・ 

 

最後の締めはやっぱり温泉! 

f:id:namamono04:20170527200249j:plain

立ち寄り温泉施設で、大きい施設。

自分たちの風呂上がりの時間には閉まってましたが、食事もできる!(^^)

 

温泉は、pHがかなり高い(pH10)アルカリ性の温泉。

かなりぬるぬるする泉質。ここまでしっかりぬるぬるを感じられるアルカリ泉もそう多くないのでは?っと思えるので、入りごたえはあり!

 

しっかり浸かって談笑。 やっぱり個人的にはツーリングに温泉は欠かせませんな!!

 

瀬音の湯

  • 泉質    アルカリ性単純硫黄温泉
  • 源泉温度  25.8℃
  • pH     10.1
  • 主な陽イオン ナトリウムイオン
  • 主な陰イオン 塩素イオン・炭酸水素イオン・炭酸イオン
  • ガス成分   
  • 成分総計   418 g/kg 
  • ドライヤー    有り
  • 石鹸/シャンプー あり/あり
  • 立ち寄り湯時間 10時~21時
  • 露天風呂    あり

 

ってなわけで、ここで解散!!

 

自分でプランニングしたんやから本人がそう思ってなかったらダメやろって話ですが、

ちょーーー楽しかった!

ってか、インカム買ってよかった!

そのおかげで楽しさ10倍でしたわマジ!

 

Akiさん・タッケさん

ご一緒してもらってありがとうでした! (^^)

 

ぜひ良かったらまた行きましょう!!! 例の足柄とか!!

お願いします!!

 

 

ではでは、

 

これにて、しゅ~~~りょ~~~~

じゃーーーーーーん!